私のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年は午年 守り本尊は勢至菩薩

<<   作成日時 : 2014/01/04 21:53   >>

トラックバック 1 / コメント 2

今年は午年 守り本尊は勢至菩薩ということで知恩院の勢至堂に行きました。

実は去年のお正月、東京から来られた友人と一緒に三千院に行きました。
その時 雪が舞う、阿弥陀堂でお坊さんから声を掛けられ、いろいろお話ししました。ここに書いてます。

その中で阿弥陀三尊像の話から 勢至菩薩の話となり、

お坊さんが言われるには 
「勢至菩薩は観音菩薩と共に大体阿弥如来の脇侍としてまつられ、単独で本尊としてまつられるのはなかなかありません。京都では知恩院の勢至菩薩像でしょうか」云々。

このような話をされたのをなぜか鮮明に覚えています。

で 今年は午年、守り本尊が勢至菩薩ということで今日、知恩院に行ってきました。
さすが1/4の土曜日ということで 以前行った時はほとんど人影もなかったのですが今日はいつもよりは多くの人がお参りに見えてました。それでも数えるくらいです。

知恩院の勢至堂は修理中の御影堂の前を通り その東側の道から進みます。
画像
長い階段を登らなければなりません。ざっと登りながら数えたら85段位?あったかな。

そして登りきった先に勢至堂(重要文化財)があります。
この勢至堂は知恩院の他の建物が焼失したりした中で残った一番古い建物だそうです。
画像

こちらは法然上人の御廟の拝殿から撮った勢至堂です。
画像

画像
お堂の中で手を合わせましたが厨子の中に安置され暗くてその上、あまり大きくないのでよく見えません。

だからでしょうか前には勢至菩薩の姿の写真が置かれてありました。

→この写真は「おふたいむ」より。

勢至菩薩は法然を勢至菩薩の化身とする説が中世からあった。法然は幼名を勢至丸といい、「智慧第一の法然坊」といわれ、生前から智慧の化身として考えられていた(ウイキペデイアより)

ここ勢至堂でも最初御本尊は法然上人の御影だったのが、御影堂が建立されたので、それ以降は上人の本地身(ほんじしん)とされる勢至菩薩像(重要文化財)をご本尊としておまつりしてられるそうです。



蛇足ですが 今日テレビを見ていたら安倍総理は午年生まれだそうですね〜
知りませんでした。

勢至菩薩のご加護は、仏の智門を司り、衆生の菩提心を起こさせる。智慧の光を持って一切を照らし衆生が地獄・餓鬼界へ落ちないように救う菩薩。(ウイキペデイアより)だそうですので どうぞ、この一年 お隣の二つの国々ともややこしくならないよう良い年にしてほしいです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「勢至菩薩と法然上人」講演会に行ってきました
この間の日曜日6月11日、広沢池の近くにある「佛教大学宗教文化ミュージアム」で行われた上記講演会に行ってきました。 ...続きを見る
私のひとりごと
2017/06/15 22:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
知恩院にも、いろいろなところがあるのですね。
昨年、東山から下りてきたら知恩院のところに出ました。どこかのお堂のところに沢山の人がおられました。
皆さん少し「暇」そうで、しっかりと私に注目していただきましたが・・、何かで集まっておられるなら、それに集中されては・・と思いました。
・・と、ここまで書いて、前にも、こんなコメント書いたような・・。
人生ゆっくり
2014/01/10 17:13
人生ゆっくりさん、
ここ勢至堂は知恩院の中でも一番奥まったところにあるのですが、この間若い女性の二人ずれがここまで来られて、お参りもなしで
「ああ、ここで終わりか 帰ろ〜」ってさっさと踵をかえして帰って行かれました。
そばに法然さんの御廟もあるのに。これが観光なのでしょうね。
若い方に抹香臭い話しても嫌がられるだけかもしれませんけど、それでも足を向け「知恩院に行ってきた」が後々大事なのかもと思います。
わが身を振り返っても・・・。
ぴあの
2014/01/10 20:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年は午年 守り本尊は勢至菩薩 私のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる