私のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 船岡山散策

<<   作成日時 : 2017/04/13 16:31   >>

トラックバック 0 / コメント 2

我が家の近くにある船岡山。
小学校の頃は良く遊びまわりました。

我が出身の小学校の校歌にも
  ♪緑も深き船岡の すそ野の辺空高く 甍麗し・・・・♪  と 歌われています。

我が家からはちょっと散歩  といった調子で良く出かけていましたが、最近はバタバタ落ち着かない日々だったのでご無沙汰。

先日久しぶりに歩いてきました。        興味ある方は拡大できますのでどうぞ!
画像
画像



今より1200年前、京都に都が定められる際、船岡山が北の基点となり、この山の真南が大極殿、朱雀大路となったと書かれています。

画像
頂上にはまだ若木の枝垂桜が満開。

子供の頃は 頂上にあるこのラジオ塔?の中に入って良く遊びましたっけ。
画像


そしてこの東側にあるのが織田信長をお祀りする建勲神社。
ここは又 桜の隠れた名所。信長公をお祀りする由来は上の案内に書かれています。

本殿横には美しい枝垂桜が満開でした。
画像

こちらは有名な 信長公が桶狭間合戦出陣に際し舞われた「敦盛」の一節
画像


以前にもこちらの桜をアップしていますが、今年もまた美しく咲いていたので撮ってみました。
画像


画像


こちらの山は比叡山。
画像


後ろの山は大文字山。三角形の木のないところに送り火の「大」の字が灯ります。
画像



文部省(文科省)は日本の歴史の重要な舞台に、しばしば登場した船岡山の全体を、指定基準に基づいて「国の史跡」に指定し、地形や現状の変更をしないよう、保護を計っている。と書かれています。

京都府は平成7年3月27日、新たに制定した「京都の自然200選」歴史環境部門第一号に制定した。(建勲神社)






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
衣笠で合唱の練習があった時は、ここの電停で下りて大徳寺の境内を通り、下宿まで帰っていましたので、船岡山の文字は懐かしいです。
かなり前ですが、初めて船岡山に行って、いい景色だと思いました。信長の名前があったのも驚きました。
あこがれの京都に住まいしたのに、それほど「京都」を満喫した記憶がないのは、はなはだ残念です。ぴあのさん、今後とも、今後とも京都の魅力をご教授ください。
人生ゆっくり
2017/04/18 15:56
人生ゆっくりさん、
そりゃ〜無理というものですよ!
人生さんが京都におられたのは大学生の4年間。京都観光?巡り?よりもっともっと楽しいことが一杯ある時期ですもの。
かくいう私も職についてる頃は、休みといえば信州や他府県に心奪われ、職を離れてヤット京都に目覚めた・・・?状態です。

船岡山 なかなかいいところでしょ!子供の頃は遊びまわりました。
でも、平安京の基点だとか、清少納言の「丘は船岡・・・」なんてことは全く知りませんでしたもの。年齢を重ねてヤットその意味が理解できるようになり、興味も増してきてる状態ですよ!

まだまだ知らないことが多いですので、つたないブログですが京都の魅力がお伝えできれば嬉しいです。
ぴあの
2017/04/18 17:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
船岡山散策 私のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる