私のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年最終の桜だより

<<   作成日時 : 2017/04/24 18:40   >>

トラックバック 0 / コメント 6

モタモタしている間に樹々はすっかり淡い新緑の季節を迎えました。

でも、アップの時期には遅すぎるけど、せっかく出かけて写真に収めたので、今年最後の桜だよりとして記録にとっておこうと思いました。

まずは4/16  嵯峨野広沢池近くの桜守り 佐野藤右衛門さんのお庭の桜。本職だけあってとってもきれいな桜がいっぱいです。
画像

画像
画像

画像

画像藤右衛門さんのお宅はすっかり新緑に覆われていました。

素敵なたたずまいです。

先に進むと広沢池の畔に桜が美しく咲いていました。
画像


道中 紅白の花、これは何の花かしら? とってもかわいかったです。鯉のぼりも風になびいて。
画像
画像

そしてたどり着いた大覚寺の大沢池。多宝塔と桜がいい感じでした。まるで絵葉書のよう。
画像

池を取り囲むように桜が咲いていました。     これって花筏って言うのかしら?花弁が水面に一杯。
画像
画像

嵯峨野の春は本当に美しいです。
画像
画像

次は二条城。4/18です。この日は帰宅してから知ったのですが 城内あちこちにカレー粉のようなものが撒かれていて二の丸御殿は中に入れませんでした。「入れない」とのアナウンスはあったのですが何故かな?っと思っていました。

こちらが二の丸御殿入り口。さすがに人影はまばら。
画像

今回は、それではということでお庭を拝見してきました。
同じ桜ですが、ここで見る桜は又一段ときれいでした。桜に変わりはないのに・・・。

天主閣跡から。きれいでしょ!
画像

城内の桜です。
画像

画像

画像

画像

画像それにしても海外の観光客がいっぱいです。

本心は喜んでいいのやら、複雑な気持ちです。








そして最後は4/23にみた引接寺(千本閻魔堂)の桜です。
こちらの桜は 八重桜。普賢像桜と呼ばれています。まずその意味は・・・。(拡大可)
画像

画像

画像

シャガとこの黄色い花は何かしら? とてもきれいでした。
画像
画像



以上、今年の私の最終桜だよりです。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
そうそう 藤右衛門さんのお庭にも連れて行っていただきましたよね。
お庭もきれい ご本人もお見かけできて感激でした。

今年 円山公園のさくらがテレビに映っていました。
あまりの衰え方に 久しぶりに会った知人に 歳をとられたな 
と びっくりするのと同様な感じです。
逆から見れば人の事は言えないのですが 
まあ それは置いといて。

20年程前に父と見た円山公園の枝垂れは
東山魁夷の絵にあるようなたたずまいでした。
でも その後 4〜5年前? 少しさみしくなったな
と感じる程度でした。 
しかし今回のテレビは とんでもない姿を映して
いました。

藤右衛門さんも嘆いていられました。
もう 元には戻らないでしょうと。
藤右衛門さんはお元気そうでしたが……… 
aska
2017/04/26 16:26
askaさん、
そうね、藤右衛門さんのお庭ご一緒しましたね。あのコースは私のお気に入りなの。

円山公園の枝垂桜、そういえば今年はみませんでした。
衰えてましたか? 地方の有名な桜より、街中で多くの人が踏みしめ(根っこがかなり広がっている?)たりしてる分 寿命も早いのでしょうか。
京都の桜の名所だったのに残念です。
桜守りの藤右衛門さんが言ってられるのでしたら、相当なものなのでしょう。

それにしても、askaさんとの最初の出会い、近鉄での初対面からもう6年? 震災の歳でしたから忘れられません。お互い歳をとりました?が、円山公園の桜のようにならず、頑張りましょう!
無理かな?!
ぴあの
2017/04/26 21:19
佐野藤右衛門・・・?有名な庭師さんなんですね。井の中のおおなまずは初耳の方でした。茅葺きのお家とお庭、流石です。
「おおなまず」の湖北地方には、茅葺きのお家が未だ残っています。洋間主体の我が家ですが、煤の黒さに染まった梁、家族団らんの土間・・・。「おおなまず」はもう一度住んでみた〜い。
嵯峨野の春、素敵です。黄色い菜の花、ピンクの桜、緑の山々、浮き浮きしますね。

二条城、天主閣跡からの桜、素敵です。堀の石垣と、とてもマッチしてます。来年は是非見に行きますネ。カメラの構図も最高ですが。

「おおなまず」もリハビリを兼ね近くの河川林を歩いています。そうです!シャガが満開なんです。心浮き浮きしますね。今年は、カブトや、クワガタ、そして大好きな玉虫に会える日を楽しみにしています。

黄色い花?う〜〜ん、花好きの「おおなまず」には白椿に見えるのですが。黄色い椿もあるのでしょうか?いずれにしても、椿では?
おおなまず
2017/04/27 21:35
おおなまずさん、
そうですね、あの鯖街道にも茅葺の家が少し見受けられます。小浜へ行くときは鯖街道を通るのが楽しみです。「おおなまず」さんは昔住んでられたのですか?手入れが大変だとは思いますけど煤の黒さに染まった梁、家族団らんの土間・・いいですね。日本の原風景。私も体験したいです。

春色って言うのかしら、菜の花、桜、新緑、色合いが花見団子そっくりでしょ!大好きです。「おおなまず」さんじゃないけど私もウキウキしてきます。

長かったですね足首の骨折。シャガといえば湖北賤ヶ岳のロープウェイに乗った時、足元にシャガの花が満開だったのを思い出しました。賤ヶ岳も余呉湖もその名前だけでも何となく浪漫のようなものを感じます。私だけかもしれないけど。

湖北って言葉も好きです。響きがいいのかしら?
今年はモロコも小鮎もいまいちなのでしょうか?!
ぴあの
2017/04/27 22:59
子鮎はいるのですが何故か岸に近づきません。河川放流用の子鮎不足を今夕のニュースで話題に上がっていました。
モロコは毎年漁獲量が下がってます。琵琶湖固有種の「ホンモロコ」は滋賀県の絶滅危惧種に登録されています。

因みに「おおなまず」は茅葺きのお家に子どもの頃住んでましたヨ。
ガチャコンポンプにごえもん門風呂、40Wの裸電球の下での家族団らん
・・・。皆穏やかに過ごせた時代です。
タイムスリップしたいですヨ。でも、ぴあのさん、湖北の厳寒の冬は大変ですぞ。
おおなまず
2017/04/27 23:40
おおなまずさん、
琵琶湖の水質?水温?あおこなどが関係してるのかしら?
この間釣りに行ってモロコの産卵の様子を見ましたよ。
美味しい魚なのに、残念です。

茅葺きのおうちに住んでられたのですか?!
想像は楽しいけど実際住んでみると大変みたいですね〜私は寒がりだから無理かな?
でも、私もガチャコンポンプ、五右衛門風呂 経験してますよ
家にありました。こんなこと言うと歳がバレバレですね。
昔友人に言われました。「化石人間」って!
でも、ある意味穏やかな良い時代でした。
今、一人住まいなので家族6人と過ごした時代が懐かしいです。
ぴあの
2017/04/28 09:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年最終の桜だより 私のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる