私のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 一年ぶりの友との再会

<<   作成日時 : 2017/05/23 22:54   >>

トラックバック 0 / コメント 4

去年の6月、京都で約10年、横浜に移られて約4年お付き合いしていたアメリカ人の友人がご主人の仕事を無事終えられアメリカに帰国されました。

その友人が先日京都に遊びに来られ、久しぶりの再会となりました。

彼女の希望で行先は嵐山。

平日というのに嵐山も海外の観光客でいっぱい。こちらは渡月橋。人、人、人、です。
画像

ということで、出来るだけ人の少ないところを目指しました。

というのも、嵐山は彼女が京都在住中はほとんどのところに行ってるから、有名どころは外しても大丈夫だったから。

そして行った先が十三参りで有名な法輪寺。
この時期 本当に緑が美しく、彼女は写真を撮るのに夢中。私はその後姿をパチリ!
画像
画像


画像法輪寺は数回行っているのに初めて知ったことがあります。

こちらは獣魂供養塔。
要するにお肉屋さんたちが建てられたものだそうで、それもこの供養塔は関東のお肉屋さんが建立されたとか。

美味しい美味しいお肉も やはりその命をいただいているのですが、以前は目に留めていないです通りしてました。唯、また別に関西のお肉屋さんが建てられたものもあると聞き、そんなこともあるんだな・・・なんて変なところで感心しました。



画像この多宝塔は渡月橋からでも良く見え、私は法輪寺の場所の目印みたいに思っています。

上の渡月橋の写真の赤丸がこの多宝塔です。














画像そして本堂の右手には私の好きな場所、舞台と呼ばれる見晴台があります。

この日も彼女と一緒に記念撮影。

ここからは、渡月橋をはじめ嵯峨野が一望でき、さらに京都市内を見渡すことができます。
真ん中の後方が比叡山。その前 3つ並んだ山が徒然草でおなじみの双ヶ岡です。
画像


この後は亀山公園に登ってお喋り。
亀山公園展望台への道中には私の好きな景色があります。

以前にもこのブログに載せていますが、ここ、下に保津峡が緑色に見える場所。
この日も新緑に映え美しく見えました。
画像


亀山公園の展望台からは嵐山や保津峡が一望出来ます。
向かいの山、中腹には千光寺の舞台造りの観音堂「大悲閣」(赤丸)が見えます。
画像


結局、この後は喫茶店に入ってお喋りに花が咲きました。
彼女曰く、「一番の目的はOOさんとお喋りすることよ」

一年ぶりのアメリカと日本の生活について、ぺちゃくちゃ。

嬉しかったのはボランテイア チューターとして日本語の話し相手をした数年間、OOさんは私の日本の家族ですと言ってくれたこと、そして その日本語をしっかり忘れずに覚えていてくれた事でした。

次回はいつお会いできるかな?・・・・・そんな思いで別れました。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
法輪寺は2〜3回訪れています。供養塔にもお参りしています。電電供養塔といいます。丁度参道の途中にあります。獣魂供養塔もあったのですね。
見晴台、本当に景色の良いところですね。「おおなまず」も感動した事を覚えております。

アメリカ人の友人ですか。以前のブログで紹介なさっていた方ですか?いいですね。「私の日本の家族」う〜ん、感動する言葉です。何にも勝る言葉です。きっと、ぴあのさんのお優しい心遣いが通じたんでしょうね。
「おおなまずも」シンガポールに3年間仕事で滞在してましたが、そんな友達はできませんでした。やはり、日本に対する戦争イメージもあるような気がしましたヨ。羨ましい限りです。
23日は久しぶりに琵琶博に行きました。ガラガラ状態でした。途中長命寺川横を通過しましたが、こんな暑い日は釣り人はいないだろうと思っていたら、なんと数人の釣り人が居られました。日除笠もせず状態でしたが・・・。熱中症大丈夫かな。
おおなまず
2017/05/24 21:50
おおなまずさん、
電電供養塔もご存じでしたか!
赤い鳥居の奥に祖神がまつられ 電気・電波関係者に崇敬されているということですね。今回も見てきましたよ!

そうですよ。子供さんも我が家に来られたことがあります。夏季 アメリカに帰国されてた時は植木鉢をお預かりしたり、家の鍵を預かり見回ったこともありました。お互い信じあえる仲になれたことが嬉しかったです。

そういえば、戦争のことが今だに後を引いているのは悲しいことです。
今、生きている我々にはどうしようもないことですが 心に刻まれた傷跡はなかなか消えないのでしょうね。

私も23日は琵琶湖に行ってましたよ。今回は北小松で鮎釣り。子鮎ばかりですが50匹余り釣れました。もう真っ黒です。昔は「白魚のような手」と言われていたのに、今、手の甲は真っ黒に日焼けして、長袖の服ですから手首だけが真っ黒。ため息ばかりです。まあ、今更売り物でもないのでどうでもいいですけど・・・
長命寺川では何を釣ってられるのかしら?!
ぴあの
2017/05/25 22:25
エ〜〜ッ!北小松で小鮎50匹ですか。驚きです。大きさを教えて頂けないでしょうか?湖北には未だ遡上していません。
おおなまず
2017/05/26 19:21
おおなまずさん、
残念ながら余り大きくないです。それに超初心者なので、、他の方を見てますと軽く私の倍以上は釣ってられましたよ!。
何センチぐらいかしら?次のブログに写真載せてみました。
もう、いただいてしまったので。はっきりした大きさは「?」です。
小さいのと比べてみてください。
ぴあの
2017/05/26 21:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
一年ぶりの友との再会 私のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる