私のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 和菓子作り体験

<<   作成日時 : 2017/06/18 21:34   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像京都近辺に住んでいる従妹たちで毎年3回ほど集まってお喋りなど旧交を温めている3人(こんな感じ)が今回は和菓子作りを体験してきました。

こんなこと経験したこともないので、うまくやれるかどうか少し心配でしたが・・・・・まあ、楽しいひと時を過ごすことに。

最初に、お店の方の説明があって、でも何のことかちんぷんかんぷん。
画像

要するに今回は石竹2つと 紫陽花、青梅を一つづつ作り、石竹の内1つはこの場でお抹茶と一緒にいただくということでした。

手元には3人分の材料がきちんと置かれていて、それを私たちが使うので、ラクチンです。
材料まで自分で揃えるとなると・・・・とてもじゃないけど、戦意?喪失です。

画像まずは石竹。
石竹ってこんな花です。なでしこかな。

用意してあるピンクの餡子の中にこし餡を入れ丸くして、竹べらで五弁に整える、簡単な事なのですが、言葉で説明されると右手や左手、小指や薬指、指の第一関節がどこやら・・・ホント、我が手じゃないみたいで、どちらが右か左か・・・・笑えてきます。

お店の人に「左手を手前に引いて」なんて言われても そのような動作を日常あまり意識して使わないからアタフタする始末。大笑いの和菓子作り体験でした。

こちらは石竹の様子です。
@五弁にして。           A花芯の窪みと花びら         B花芯を作る
画像画像
画像


紫陽花はこんな感じ。従妹の子のSちゃんの手つきです。丸めた餡子に竹のお箸で花を載せていきます。 だんだん慣れてきました。
画像
画像

そして青梅と干菓子。干菓子は楓を型に抜くだけ。これは薄さが大変でしたが、まあまあ、一番簡単かしら?
青梅はその観察力に感心しました。本物そっくりにできましたよ!
画像色のうっすら赤みがさした変わり具合、そして下のとんがり具合もまさにその通り。
実はつい前日、梅酒を漬けたからよ〜く形を覚えていました。

そして型抜きした楓。きれいでしょ!
画像

は〜い これで全部です。上手くできましたでしょ!
画像


石竹はこの場で抹茶をたてて頂いてきました。我乍ら上手く出来たな〜〜と!
Sちゃんは慣れない手つきでお抹茶を。最高に美味しかったです。
画像
画像




帰宅して我が家の好きなお皿に移すと これまた自分が作ったと思えないような出来栄え。
画像
画像


最初の、上手く出来るかな・・・?は どこへやら とっても賑やかで笑い声いっぱいの楽しい和菓子作り体験でした。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
抹茶には和菓子ですよね。
「おおなまず」もどちらかと言えば洋菓子よりは和菓子が好きですよ。
特に苔むしたお庭を眺めながら抹茶と和菓子を頂くのは最高ですね。
和菓子作りの体験ですか。女性に限らず甘党の「おおなまず」も経験してみたと思います。こちらにはこのようなお店はないと思います。
近頃は和菓子と洋菓子のコラボもありお菓子の世界も様変わりしてきましたね。
大福餅に苺やブドウを入れたものは特に美味しいですね。
おおなまず
2017/06/25 10:09
おおなまずさん、
私もどちらかといえば和菓子が好きです。そしてホントお抹茶がよく合います。
こういう感覚はやっぱり日本独特の物かしら?!

面白いですよ〜和菓子体験!
最初はあまり気のりしなかったのですが、もう作り出したら面白くて。
まあ、粘土細工?みたいな感じかしら。丸めて伸ばして竹串で形を整えて・・・。
とっても楽しいひと時でした。
ぜひぜひお勧めです
ぴあの
2017/06/25 16:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
和菓子作り体験 私のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる