私のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 「水月湖」の奇跡に感動して

<<   作成日時 : 2017/07/24 18:16   >>

トラックバック 0 / コメント 4

先日、友人から朝日新聞の記事 「時 紀行」という記事を見せてもらいました。

テーマは「7万年 奇跡 湖底のしま模様」。
そして、その湖底というのが福井県の三方五湖の一つ「水月湖」。

まずはその記事を。2面にわたっています。(拡大可)
一面目
画像


二面目(紙面が大きすぎたので小さくコピーして繋げました。)
拡大したらかろうじて読めます。興味のある方はどうぞ!
画像


そしてその中に「<過去の時の基準>となった<レイク スイゲツ>は現在の時の基準である英国のグリニッジ天文台と並ぶ時の巡礼地です」と書かれていたことがとても興味を引きました。

三方五湖といえば以前にも行ったことがありましたが、このような目で見たことがありませんでした。
画像で、早速、この水月湖を見に三方五湖へ行ってきました。

水月湖は三方五湖のなかで一番大きな湖。

湖畔にはこのような立札が立ってました。



水月湖の湖底からとった地層がしま模様をなし、このしま模様を「年縞(ねんこう)」と呼び、木の年輪のようにしまは年数を現すそうです。



画像水月湖には湖底の地中に深さ45mにわたる年縞があり7万年分の時が正確に刻まれているそうです。難しいことはよく分からないので、興味のある方は拡大して読んでください。

水月湖の傍らにはその研究用でしょうか 海に浮かべられた年縞採取湖「水月湖」と書かれたいかだが置いてありました。





私も興味を持って水月湖の写真を何枚か撮りましょいた。

そのうちの一枚がなんと、新聞の写真(二面の)と同じ。びっくりです。
左側の赤丸が採取用のいかだが浮かんだ場所?
画像


私にとっては忘れられない一枚になりました。


そして時期を同じくして、見られた方があるかどうかわかりませんが、

昨夜7/23の夜9時のNHKスペシャル 「謎解き日本列島誕生ジオ・ジャパン@」

面白かったです。水月湖の年縞と同じように いろんな研究が進んでいることに、感動した夜でした。難しいことはわからないなりに とっても興味深く見ました。



余分ですがここ、水月湖で面白い蜘蛛を見つけました。
宙に浮くように見えますけど、しっかり蜘蛛の糸に乗っています。
四本足?と思ったら二本づつ、重なってました。
画像
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そうでしょう!そこが地学の面白いところです。海底や固定は宇宙の神秘にも勝る謎があります。水月湖がどうして出来たのか、その頃の気候環境はどうだったのか?なんて調べていくと興味津々です。
「おおなまず」も古琵琶湖について勉強を少しばかりしています。地層の年代測定にはフィッショントラック法と言われる測定法が一般的です。
来年以降に琵琶博で「おおなまず」の今まで収集した植物化石コーナを作って頂けるとのことですので機会があれば・・・です。
古琵琶湖にも色んな地層があります。幾重にも重なる火山灰層には驚きます。
「おおなまず」の予測では後、100万年もすれば琵琶湖は消滅していると想像しています。「おおなまず」は化石として残る計画ですが?
蜘蛛は「おおなまず」は大の苦手です。写真の蜘蛛は「ジョロウグモ」だと思います。
おおなまず
2017/07/25 10:23
おおなまずさん、
いろんな研究があるのですね。日本の あの小さな水月湖が時の物差しとして、また世界のスイゲツとして注目を集めていることにビックリしました。
新聞をみてすぐ行きたくなる。。。そして行ってみて採縞用のいかだを傍でみて、改めてそのすごさを確認してきました。

おおなまずさんの研究 地学の面白さがあるのですね。フィッショントラック法、ネットで調べましたが私には難しくて
おおなまずさんのコーナーができればぜひ琵琶湖博物館に行ってみたいと思います。

琵琶湖の消滅ですか?
100万年先といわれても、想像するのもなかなか大変です。なんかピンときません。
でも、いろんな研究の結果の答えだろうと想像しています。
知らないこと、教えていただきありがとうございます。

写真の蜘蛛 「女郎蜘蛛」ですか。なんか名前だけでも「悪」のイメージがわいてきます蜘蛛には悪いけど。
ぴあの
2017/07/25 20:56
女郎蜘蛛ですか?確かに女郎からくるイメージが強く出てしまいます。一方「上臈蜘蛛」(じょうろうぐも)とも言われています。上臈とは身分の高い女性を表しています。参考になればです。

おおなまず
2017/07/28 23:14
おおなまずさん、
まさに「知るは楽しみなり」です。いろいろ教えていただいてありがとうございます。
でも、ネーミングって面白いですね。以前植物園で「博打の木」という名札のついた木を見つけました。そういえば「奇想天外」という名の植物も。
「ショロウ」と「ジョウロウ」「ウ」が真ん中に入るだけで全く違う言葉ですね!
英語ではなんというのかしら?!
この蜘蛛を見たら、「博打の木」と同じようにきっと忘れられなくなるのでしょう。感謝です!
ぴあの
2017/07/29 12:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
「水月湖」の奇跡に感動して 私のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる