私のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり北海道は広い! 北海道旅行(3)

<<   作成日時 : 2017/08/07 16:16   >>

トラックバック 0 / コメント 4

「北海道は広い!」   何をいまさら寝ぼけたことを・・・って笑われそうですけど。

とびとびになりましたが この間の北海道旅行の続きです。

二十歳代の頃の職場の友人を訪ねた北海道旅行(2)と同じ日、この友人宅を訪ねる道中のお話です。

北海道については有名どころは2012年7月に一週間程かけて回りましたので、今回は特にどこに行きたいとの希望はありませんでした。

車で案内してくれた友人ご夫妻にすべてお任せ。素敵なドライブを堪能しました。

まず最初は「星野リゾート トマム」。こういうことに疎い私は初めてこの名前を聞きました。総合リゾート施設だとの事。もちろん車の中からの見物です。あの独特のカラフルなタワーが印象的でした。
画像
画像

そして白樺の木と緑とのコントラストが素敵。京都では多くの杉の木を見慣れているからでしょうか!

これぞ北海道!・・というのはジャガイモ畑!  京都なら必ずといっていいほど、バックに山の姿が見えるのですが・・・。
画像

こちらは放牧地。 ホルスタイン種の放牧。一杯お乳を出してくれそう〜〜!
画像


画像そして、お昼はここ「松久園」で。
大正の古民家だそうです。

外見は洋風ですが中は純日本家屋。そのコントラストが面白かったです。
画像

家の中は広々としたお座敷。窓際にはモダンなステンドグラスの天窓も。
画像
画像



画像そしていただいたのがニジマス料理。

ちょっと豪華でしょ!  美味しかったです。ニジマスで有名なのでしょう、後ろには大きなニジマスの額が。ご機嫌さんの私。
画像



そしてやっぱり北海道は広い!  こちらのお庭がすごく広くてお花が一杯咲いていました。
画像


画像
画像



こちらでは、こんな表彰状を見つけました。北海道ならではの表彰。ちょっと興味がわきました。
画像
画像




この後、お腹いっぱいになって、ルンルンで昔の職場時代の友人宅に向かいました。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
でっかいど〜、ほっかいどう・・・こんなTVCMを観た覚えがあります。
そうですよね。地平線が見える場所もあるとか。「おおなまず」の近江は盆地なのでどこを観ても山ばかり。

ホルスタイン、絞りたての牛乳飲みたいですなあ。
ニジマス?ですか。淡水魚ですよね。海洋性の鱒ではないのですか?
こちらにも東洋一の醒ヶ井養鱒所があり刺身、フライなどが食べれます。
良い友人に恵まれて羨ましい限りです。
それにしても、北の大地、広いですね〜。
北海道の友人は時々リンゴジュースを送ってくれます。これも、また美味しいです。

台風5号が滋賀県を通過、しかも近くの川が氾濫状態、自治会役員のおおなまずは自治会館で徹夜、くたくたです。大きな被害もなく一安心しております。
おおなまず
2017/08/08 10:48
おおなまずさん、
まずは台風の被害、お見舞い申し上げます。
実は7日に なぎさ公園のひまわりを見てその後、気比の松原に行く予定をたてていましたが、台風が来るとの事で5日に変更、つい先一昨日 さざなみ街道を走って、ここがあの有名な姉川・・・と通ってきたところでした。それだけに氾濫のニュースを見てビックリ。
大変だったのですね。これからは又猛暑が続くとか。
くれぐれも御身 ご自愛ください。無理なさいませんように。

多分 淡水魚と思いますが、よく存じません。海洋性の鱒っていうのもあるのですか?!鱒といえばシューベルトのピアノ五重奏が大好きだった兄を亡くし、今年は初盆。病院でスマホを耳に当てて聞かせてあげたことを思い出しました。(私的な事ですみません)

寒がりの私、冬の北海道は苦手ですが、それ以外ならいつでも大好き。
自然がいっぱいの北海道。友人が歓迎してくれますので有難いことです。
ぴあの
2017/08/08 23:23
ぴあのさん。英語で分類すればサケがSalmon、マスがTroutに対応していると思います。おおなまずの世界ではマスはサケが陸風されたものと理解しているだけですヨ。
お許しを。サケの中でもマスノスケというのもいたような?ビワマスも是非お召し上がりくださいね。美味しいですよ!

お兄様の初盆ですか。おおなまずも身内で初盆の仏様がいます。最後まで看取りました。この歳になると悲しい事が多いです。生老病死は仕方ないことだけど、私のような凡人には辛いことです。いつまでも故人の想い出をソッと持って生きるのが最大の供養だと信じています。すみません。
おおなまず
2017/08/09 00:56
おおなまずさん、
そういえばスーパーで「トラウトサーモン」って名前がついてるのを見かけたような。厳密に言えばどっちなのかしら?鮭なのか鱒なのか考えたこともなく過ごしてきました。今、ネットで調べたらニジマスを海水で養殖した種類と出ました。
又々おおなまずさんに教えてもらいました。感謝!
こうして知らないことを確認していくこともブログのお蔭かしら。

そうですね、生きている以上いつかはその時を迎えるのですが、その為にも心して生きたいと思います。でも、思っているだけで現実はなかなか・・・。
お盆は日ごろ忘れかけている命の繋がりみたいなものを思い出させてくれます。
ぴあの
2017/08/09 15:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっぱり北海道は広い! 北海道旅行(3) 私のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる