私のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 気比の松原の近く 「天狗党」ゆかりの松原神社

<<   作成日時 : 2017/08/13 23:20   >>

トラックバック 0 / コメント 2

先日 読売新聞にこんな記事が載っていました。(興味のある方は拡大してどうぞ)
写真は離れてますけど新聞を2つに割ってコピーしたもので引っ付けて見てください。
画像
画像

私は時々 敦賀にある気比の松原に釣りに出かけます。せっかくすぐ近くに来ているのに見過ごすのは勿体無いと、釣りに行く前に、新聞記事にある松原神社に行ってきました。

新聞には
尊王攘夷のスローガンの下、水戸藩の急進派「天狗党」が京都を目指して進軍。幕府軍や諸藩連合軍と交戦を重ねた末、その「天狗党」が京都に頼みとする前藩主徳川斉昭の七男、一橋慶喜がいたが、その慶喜が追討軍の大将に任じられ最終的に、冬の北陸路で降伏、350人余りが処刑された。(概略)

画像気比の松原の近くに松原神社がありました。
人影は無く静まり返っています。

このような説明がなされていました。(拡大可)
画像


まずは当時の人々をしのび本殿で手を合わせてきました。
画像


そして新聞に書かれている820人余りが収容されたという肥料用の鰊を保管する鰊倉16棟の内の1棟が境内に移築されていました。「水戸烈士記念館」となっています。
画像

820/16 1棟にざっと50人余が閉じ込められて、窓に板が打ち付けられ 食事は握り飯とぬるま湯。大変だったのでしょう。

「水戸烈士記念館」の説明です。(拡大可)
画像記念館の中は今、ガラス越しに撮った写真の通りですが、公開はされてないみたいでした。
画像


そして この松原神社の向かいに武田 耕雲斎(官位は伊賀守。松原神社の祭神)や水戸烈士のお墓があります。

位置関係はこの通りです。今回は右側の松原神社です。次回は左側のお墓を。
画像







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
気比の松原、もう、ぴあのさんのお庭のような所ですね。一橋慶喜さんにもご事情があったのでしょうけれど、私は個人的にこのような上司?は大嫌いです。
自分の保身のため部下を切り捨てるなんて。
肥料小屋。ニシンの発酵した臭いの中、寒さと飢えで数十名の方が亡くなったと存じています。
おおなまずも一度、近くなので是非訪れてみます。
おおなまず
2017/08/14 20:24
おおなまずさん、
最近は週一回の感じで、気比の松原に出かけています。唯 今は海水浴シーズンなので、少し先の静かな入り江で釣りを楽しんでいます。先日の釣果はキス32匹でした。最近良く釣れる子鯛やベラはリリース。

慶喜といえば大政奉還しか頭にありませんでした。()ネットで検索して、いい勉強ができました。

松原神社はあんな事件が嘘のように静謐なたたずまいでした。是非!
ぴあの
2017/08/15 14:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
気比の松原の近く 「天狗党」ゆかりの松原神社 私のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる