私のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 三面大黒天の初大黒

<<   作成日時 : 2009/01/03 21:53   >>

トラックバック 0 / コメント 8

午後、大文字山初登山に行ってきました。その帰り ついでに「ねねの小径」を歩きました。
そこで、偶然 圓徳院の境内北側にある、三面大黒天の1月3日(土)が初大黒であることを知りました。
画像

「3」のつく日が縁日だそうですが 今まで、そんなことがあるとも知らず、生まれて初めての「3」のつく日に偶然 来合わせた事になります。
画像画像

三面大黒天は、正面に大黒天、左右に弁財天と毘沙門天の顔を持ち、
順に、福徳、技芸、厄除、3つの願いが一度に叶うといわれているそうです。
秀吉が、出世守本尊として信仰し、念持仏としていたそうです。

こんな日に出くわすのも何かのご縁。早速、お参りをしてきました。









取りあえずは並びました。でも、なかなか順番がまわってきません。一体何をするんだろうと横から覗きました。
画像
ちょっと はしたないとは思いましたけど、何しろ初めての経験です。

まず、お賽銭を入れ、拝みます。その次に横に椅子が置いてありますのでそこに座りますと、後ろからお坊さん?が大きな白い玉?のついた棒(木魚をたたく棒?の様なもので大きいです。・・・すみません。いい歳をして、名前がわかりません )で、まず、左の肩を5回たたかれます。その次にお賽銭箱の横にある大きな木魚をたたき、次に右の肩を5回たたいてもらいます。その間、手を合わせて願い事をするわけです。

ドウゾ、写真をご参考に。

私も、そのようにしていただいてきました。何しろ生まれて初めての経験で、神妙に手を合わせてきました。
たたいてもらった後、後ろのお坊さん?にお礼を言ったら 良い年になりますよ〜〜って言われました。

これで 除夜の鐘の時と2回も「良い年になりますよ〜〜」って言ってもらったので 単純にその言葉を信じようと思っています。簡単に信じてしまいます。  単純なので オレオレ詐欺にも単純にひっかかる可能性大かも?・・・
画像















帰りに八坂神社をまわりました。お参りもしてきました。
いっぱいの人出でした。
画像画像















画像



写真が全部ピンボケで失礼しました。多くの人の目があると どうしても急いでしまって シャッターが落ち着いて押せません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
さすがに三が日、すごい人手ですね。
ぴあのさんは、健脚。ほんとに歩かれるのがお好きなのですね。
「良い年になりますよ〜〜」って、お坊さんに二度も言われるとうれしいですね。
わたしも京都の小道、情緒のある道をできる限り歩きたいと思います。
ちょっと計画を立ててみました。
初日は、下宿から割と近い(と思われる)上賀茂神社から下鴨神社にかけて散策。社家の町並み、半木の道、糺の森を歩ければ歩きたいと思ってます。
2日目は、ぴあのさんにお会いした後、石塀小路や祇園界隈の散策。
この日は、四条室町にあるビジネスに泊まることにしました。だから手荷物をどうしたものか、思案中です。やはりまずは、ホテルへ行って、置きますかね。そうすると、時間が・・・とも思うのです。
3日目は、ホテル界隈の錦市場かなと思っています。そして、午後、京都駅。
よいアドバイスがあったらお願いしますね。
lavie
2009/01/03 23:55
ぴあのさん、あけましておめでとうございます。
まず圓徳院というお寺を知らなかったのでネットで調べました。高台寺の塔頭寺院なのですね。もちろん三面大黒天も知りませんでした。三が日にこのような有名なお寺で初の大黒様の行事をお参り&あの八坂神社で初詣できるなんて、やっぱり京都にお住まいなのは羨ましい…とひとしきり思いました。
木魚を叩く撥は「ばい」・「しもく」と呼ばれるそうですが、もちろん!!知りませんでした。霊験あらたかな感じでもあり、また肩凝りが癒されそうでもあり… ^ ^ 優しく叩かれるのでしょうか?きっと御利益がありますね!
…京都の新春風景を読ませていただき、やや興奮してしまいました ^ ^; こんな京都中毒の私ですが、今年もよろしくお願い致します。
薫の君
2009/01/04 09:03
毎月「3」の日は開催されてるってことですね。
早速メモしておかなくっちゃ!
お隣というか近くにある高台寺にはお茶会で数度行ったことが
ありますが、圓徳院の三面大黒天はノーマークでしたね〜

京都には「京都六大黒天霊場」というのがあるらしい
ですよ。
大山崎の「宝寺」、淀の「大徳寺」、大原野の「正法寺」
嵯峨野の「遍照寺」、伏見の「大黒寺」そして烏丸松原
の「平等寺」だそうです。
なんか1日ではとても巡りきれなさそうな広範囲ですね。
実際に見たことは無いですが
大原野の正法寺の大黒様は「走り大黒天」と言って
1日でも一刻でも早く福を授けに来ようと、走っている
姿をしている珍しい大黒様だそうです。
五郎蔵
2009/01/04 09:50
lavieさん、
良い計画ですね。2日目はまず地下鉄で烏丸まで行って荷物を預けられたら?。人ごみの中 荷物を持つのは大変。で、又地下鉄で烏丸今出川まで戻り(地下鉄は早いです)、市バスで銀閣寺まで。後は歩いてもバスに乗っても「淳平」さんは近いです。
地下鉄と市バスの一日乗車券(乗り放題)が600円で、京都駅でも売ってますので来られた時買っておくのはどうでしょう。
どうぞ、気をつけて来てください。
ぴあの
2009/01/04 11:48
薫の君さん あけましておめでとうございます。
圓徳院、多分ご存知だと思いますよ。高台寺の向かい、ねねの小径を挟んで西側にあります。見られたら「ああ〜ここなら」って思われることでしょう。三面大黒天のあるところは 門を入ったところに甘党のお店があって ちょっと判りにくいかもしれませんが。
>木魚を叩く撥は「ばい」・「しもく」と呼ばれるそうです・・・・
有難うございます。この歳になって何も知らなくて恥ずかしいです

薫の君さんは本当に京都がお好きなのですね〜〜  住んでいると、その良さがわかるのはなかなかです。でも、そこ ここに数百年(1300年といいたいところですが京都は大体応仁の乱以降の姿だそうです。応仁の乱でほとんど失われた?)の歴史を感じさせられます。私も京都大好きです。
今年もどうぞよろしくお願いします。
ぴあの
2009/01/04 12:06
五郎蔵さん、
私、よく前を通るのに、「3日」に前を通った事が無かったということです。初めて知りました。毎月あるそうですが一月は特別の「初大黒」(特別にご利益がある?)でした。どうぞ、手帳の毎月3日のところにメモよろしく。

京都の「京都六大黒天霊場」情報、有難うございます。私にとっては一日では無理みたいなので、まずはその大原野の正法寺の大黒様「走り大黒天」に行きたいです。大原野神社や花の寺(勝持寺)に行く春の頃、出かけようと思いました。(インターネットで調べたら行った事あるような?感じ)
ちゃんと意味付けていくのと、ぶらぶら行くとの違いですね。
ぴあの
2009/01/04 12:21
ぴあのさん、ありがとうございます。
淳平さんへは、下宿から歩いて行けるところなので、歩いて行こうと思ってます。
そして、チケットで泊まれる宿は、今回は、やめました。
荷物の移動を考えたら、手間なので、下宿に居座ります(息子、迷惑顔
四条室町Hは、有効期限が切れるまでには、是非泊まろうと思います。って言うことは、また行かなくては行けませんね。
それでは、よろしくお願いします
lavie
2009/01/04 21:07
lavieさん、
良かったですね。それが一番ですよねぇ〜〜
せいぜい息子さんにサービスしてあげてください。では6日に。ちょっと恥ずかしいけど・・・・
ぴあの
2009/01/04 21:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
三面大黒天の初大黒 私のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる