私のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 時代祭(室町時代〜延暦時代〜神幸列)

<<   作成日時 : 2010/10/23 23:12   >>

トラックバック 0 / コメント 6

時代祭りには多くの馬が登場します。維新勤皇隊だけで7頭。

そのほかざっと数えただけで51頭。合計60頭近くの馬が用意されます。

行列が始まる前、ずらりと並んだ馬を見ると壮観です。      寄せ集められてきたのかこんな馬も。
画像
画像

こちらは建礼門の前に置かれている鳳輦 ( ほうれん)です。
平安神宮に祀られている二柱の祭神・桓武天皇 と 孝明天皇 の神霊が、京都御所から平安神宮へと巡行し、京都の街の繁栄ぶりをご覧になる という本来の姿があります。朝9時出発し平安神宮から御苑内の行在所に到着の後、行在所祭が執行されます。
画像

時代行列の最後に、屋形の上に金銅の鳳凰を飾りつけた二基の 鳳輦 ( ほうれん : 天皇専用の乗り物 ) が登場し、先の鳳輦 に 孝明天皇 が、後の鳳輦 に 桓武天皇 が祀られ、その前後には宮司以下の神職が付き従います。
ちなみに、時代行列の最後、鳳輦が前を通るときは低頭くださいと場内(御苑内)アナウンスがあります。孝明天皇、桓武天皇が乗ってられるからです。

前置きはこれくらいで、まず、室町時代では室町幕府執政列。
ここではやっぱり足利将軍でしょうか。
画像

こちらは奉公衆。腹当をして薙刀を持っています。足利将軍も頭は無防備になっています。
画像

室町洛中風俗列。これはきれいでした。
画像














画像

画像














途中、止まって祇園祭の綾傘踊りのような踊りが披露されます。
画像

次は吉野時代。楠公上洛列です。
ここは勿論 正成と正季でしょう。                         こちらが楠木正季です。
画像
画像

中世婦人列では淀君と静御前がメインかしら。
きれいと思ったら祇園甲部歌舞会の皆さんです。                   静御前
画像
画像

鎌倉時代は藤原公卿参朝列。お公卿さんの行列です。
武官束帯の公卿                 こんなものもありました虎の皮です。ほんまもんでした。
画像
画像

平安時代婦人列はとってもきれいで華やかです。みんなアップしたいです。
巴御前、横笛、常盤御前、清少納言、紫式部、小野小町、和気広虫、百済王明信。どれにしようかな?!
巴御前です。ご立派。                              小野小町
画像
画像

常盤御前 顔を隠して勿体無い〜                 二人一緒に清少納言と紫式部。
画像
画像

ちょっと変わったところで百済王明信  衣装が面白いです。以上きれいな方達は宮川町お茶屋組合の方達です。
画像

延暦時代は延暦文官参朝列。                  外人さんの参加もありました。
画像
画像

神饌講社前列
迦陵頻伽                                   胡蝶 
画像
画像

このあと楽人の登場。鉦や太鼓もはいります。
画像

最後に神幸列です。
ここで鳳輦が登場します。2基(単位は基でいいのかな?)あります。祭神・桓武天皇 と 孝明天皇が乗ってられるそうでこれが前に来ると低頭して下さいとアナウンスがありました。
画像

雨皮唐櫃も2つ 続きます。
画像

画像
そして最後は宮司。
去年も同じこと思いました。それは乗馬姿の美しいこと!

さすがですね〜 九条道弘さんです。なんか気品があります。

2000人に及ぶ行列のほんの一部分でした。

良い天気でよかった!
雨に遭うと衣装がダメになることが多くて 大変な費用がかかるそうです。

宴の後じゃなく 祭りの後はこんな具合でした。
画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
時代祭りは秋の京都の風物詩、なかなか行けないけど、テレビで帆に木の一端を味わっています。先週金曜に嵯峨野の友人宅に招かれて、夕食をご馳走になりました。平日ということもあってか、人影はまばらでした。
http://happy.ap.teacup.com/applet/ibaraki-doji/msgcate2/archive
なりひら
2010/10/24 17:49
今年も観にいったのね〜、時代祭。。。
我が家のダンナ君、今年もお侍さんに変身してたのよ〜☆
残念ながら私は仕事で観に行けなかったんだけどね
yoshirise
2010/10/24 17:53
なりひらさん、
時代祭は いつもテレビのニュースになりますね。
雨にならなくてよかったです。
嵯峨野はまだ紅葉にはちょっと早いし、嵐山付近と違って少し距離がはなれていますから静かだったことでしょう〜
嵯峨野に友人がおありになるって いいですね!
ぴあの
2010/10/24 20:46
yoshiriseさん、
最前列のチケットを戴いたので行ってきました。
佳Oざえもん?今年も健在?! まあ、教えてくれたら最前列から黄色い(?)声援を送ったのに・・・残念でした
でも、私じゃ恥かしいから止めてって言われるかなぁ・・・・。
ぴあの
2010/10/24 20:53
何年か前にありましたね「時代祭りの馬が暴走!」てな記事が…。
あまり近寄らない方が良いかと思われます。
しかし、この辺りの行列になると京都らしさが出てきますね。
小道具も細部までこだわりがありそうですね。例えばホンモノの
虎の皮を使うのはあまり他所の祭では見られない。
来年は時代祭も鞍馬の火祭も土曜日でありますね〜。
来年が楽しみです(気が早い!!)
五郎蔵
2010/10/25 21:16
五郎蔵さん、
そう、ありましたね〜 馬も急遽集められ、カメラのフラッシュを浴び なんか可愛そうな感じも。でも、注目の的でカメラを持った人がいっぱいでした。

さすがと思うのは時代祭考証委員と言う方が5人もおられます。気になってちょっと調べてみました。早々たるメンバーです。
上田正昭・日本の歴史学者。京都大学名誉教授、大阪女子大学名誉教授、西北大学名誉教授。勲二等瑞宝章。修交勲章崇禮章(韓国から))ほか
山路 興造・日本の民俗学者、芸能史研究家。
宮崎隆旨・奈良県立美術館長
猪熊兼勝・京都橘大名誉教授
河上 繁樹・京都国立博物館工芸室長を経て関西学院大学文学部教授
夫々の分野で第一人者が関わってられるのを初めて知りました。

来年は土曜日ですか! 雨が降りませんように〜。雨天順延だそうですよ。



ぴあの
2010/10/26 20:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
時代祭(室町時代〜延暦時代〜神幸列) 私のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる