今年のお盆の小さな記録

年齢のせいではないと思いたいけれど、ひょっとして年齢のせい?

昨日14日 我が家は例年のごとくお寺さんが見え、お盆の棚経を上げていただきました。

ところがその準備のこと、去年はどうしたのかな?・・・・って思うことが出てきました。まあ、今回のお盆に限らず、何事においても 大体は覚えているのですが いざとなるとどうも記憶があやふや。

去年はどんなお花を玄関に活けたのかなぁ? 床の間には何の花? 掛け軸はどれを飾ったっけ? みんながやってきたからお料理は何を作ったのか?

どれもこれもだんだん自信がなくなってきました。
まあ、いいや、気楽な身内ばかりだもん!
結局、私の思い付きで今年も無事みんな楽しく顔を合わせ、亡き人のことを思い出しながら
お盆の1日を過ごしました。

でも、思い出すにあたって、今まで書いてきたブログが結構役に立ちました。
そう思って 今年は来年用の記録という意味で少しメモ書き的な今年のお盆のありさま書こうと思います。何が約に立つやら・・・・まあ、日記ということで。
そう思うと、他人様に見ていただくほどのことでもなく ちょっぴり恥ずかしい気もしますが 今回はご容赦を。

まずは我が家の近くの閻魔堂へお塔婆流しと迎え鐘をついてきました。
お塔婆を書いていただき、閻魔様にお参り。
画像
画像

お塔婆流しの詳しくは
ここをどうぞ。
画像
そして迎え鐘を撞いてお精霊さんを迎えます。

これらは前日までのこと。

で、当日お寺さんが来られ、身内が数人くることになりました。
大家族だと何でもないことが 一人暮らしの私にとっては数人が何しろ大変。
食器から数人分出してこなくてはなりません。
いつも一人で気楽に過ごしてるのでなんか大変。

で、ちょっぴり記録写真を。さすがの私もあまり詳しくは恥ずかしくって書けません。
それらはきちんと我が日記に書いておくようにしました。

床の間にはトルコ桔梗を一輪。軸は版画家の伯父の色紙。仏花は蓮。
画像
画像

お供えは果物とお膳。
画像
画像

そしてお料理は 今年は大人ばかりだったから仕出し屋さんのお弁当を取ることに。
大分手抜きで楽チンになりました。久しぶりの京料理 とっても美味しかった
画像


さあ、これで来年のお盆の参考に・・・・ちょっとは楽に思い出せるでしょう~

毎年のこと乍ら、大変ですけどみんなが集まってお喋りできる楽しさも またまた良いものです。亡き両親に感謝しなくっちゃ!






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック