日本最大坐像 木造不動明王の 同聚院へ行きました

なんか日本最大・・・が続きますが、今回は東福寺塔頭 同聚院の木造不動明王坐像(重文)を拝観してきました。

画像このパンフレットには「十万不動明王」と書かれていますが 助けを求める者には十万の眷属を従えて馳せ参じ救うことから「十万」(じゅうまん)不動と尊称されているとのこと、有難い不動明王さまです。

又、十万を「土力」 すなわち産土といってこの土地を守護する仏さまでもあるとのこと。

この間の櫟野寺の十一面観音坐像といい、今回の不動明王坐像といい、日本最大と言われるだけあって その大きさに圧倒されました。(写真はパンフレットより)
画像


坐像の2・65mですから 立像ならどれくらいになるのかしら?

ここ同聚院は 東福寺の地にあった法性寺の大伽藍があったところで その法性寺境内に関白藤原道長が40歳の賀に当たって、丈六の五大明王を安置する五大堂を建立した場所付近と言われているそうです。

今 残っているこの十万不動明王はその五大明王の中尊です。

今回 中に入っての参拝は私一人。
静かに手を合わせてきました。
画像


上の写真の先にお堂があります。逆光でいまいちはっきりしませんが 2.65mの不動明王坐像が安置されてるのですから 思いのほか内陣(というのかしら)が高く広く感じました。
画像

この日は連休最後の日曜日とあって、東福寺も結構多くの人が来られてました。

東福寺の通天橋、紅葉で有名ですが この新緑も又捨てがたく 本当に鮮やかな緑で、目を楽しませてもらいました。
画像


通天橋の下の緑も又格別に美しかったです。
画像





この記事へのコメント

五郎蔵
2016年05月12日 21:46
こりゃでかい御不動さんですねぇ~。いわゆる丈六ってやつですね。
特別公開じゃなくていつでも拝観出来るのでしょうか?いつでも出来るのなら7月のアレのお祭りの時にでもチョイと行きたいものです。
丈六といえば、今回は1泊で威勢の悪い上洛でしたが、醍醐にある善願寺に行ってきました。そちらの腹帯地蔵さんも268.2cm。これも大きかったですよ。
ぴあの
2016年05月13日 20:53
五郎蔵さん、
そうですね「丈六」ですよ。今回は春の京都禅寺一斉公開で行きましたが、通常拝観寺院の中に入っていますので、多分いつでも拝観できると思います。
7月のアレですか! 月日の経つのは早いものですからアレの時期もあっという間に近づいてくるでしょうね。
醍醐の善願寺ですか?全く存じません。やっぱり大きいって迫力ありますね!

この記事へのトラックバック