夏越の祓え 北野天満宮

今年も一年の半分がすぎてしまいました。

6月30日は夏越の祓え
(詳しくは↑の夏越しの祓えを参照してください。)

京都ではあちこちの神社で夏越しの祓えの神事が行われます。


画像北野天満宮では菅原道真の誕生日の毎月25日に縁日が開かれていますが、よその神社より早く この25日に夏越の祓えの茅の輪くぐりが行われます。

私も早速 無病息災を願って 茅の輪をくぐってきました。まず左廻り、2度目は右廻り、三度目はもう一度左回り。
前の人が大きすぎて
画像


本殿へお参りのあと 最近といっても もうだいぶ前から 北野天満宮の境内は様変わりしていますが、その様子を見に、少し歩き回りました。

以前はなかったけれど、新しく作られた池のほとりには カラフルな七夕の笹飾りに目を奪われました。
画像


画像その北側の作庭された庭が落ち着いて見えました。

そしてこの日は 和菓子 水無月 を食べます。
私も一つだけ買って帰り いただきました。
画像



*京都では夏越の祓が行われる6月30日に、1年の残り半分の無病息災を祈念してこれを食 べる風習がある。
平安時代には旧暦6月1日の「氷の節句」の日に、氷室から氷を切り出して食し暑気払いをする宮中の風習があった。三角形に切った白いういろうはこの氷をかたどったものとも、四角を半分にしたことで1年の半分を示しているとも言われており、また小豆の赤い色にも厄除けの意味があるとされている。(ウイキペデイアより)




それにしても 何もかもが最近はインバウンド効果の為でしょうか 見慣れた風景が いつの間にか変わってしまって驚かされる事 多々です。

最近は、余りの観光客の多さで、久しく清水寺辺りにも行ってないのですが、ずいぶん様変わりしているのだろうな・・・なんて思ってしまいました。

それが良いのか、悪いのか 一概には言えませんが 古き良き京都が京都でなくなってしまわないよう願うばかりです。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック