仁和寺観音堂 拝観

平成の大修理が完遂された仁和寺観音堂を拝観してきました。

画像元号が令和に決まった時、仁和寺の仁和が令和と同じように元号から来ているため 有名な五重塔の前にも令和の立札が建てられており、記念撮影の人々が多く見られました。

久しぶりの仁和寺。
でも、まずは観音堂に向かいました。
画像


画像この観音堂の前には五色の紐があり この千手ひもは 観音堂の中の本尊 千手観音像とつながっていて 私も写真の女性と同じようにお詣りしてきました。

皆さん良くご存じで、観音堂の横にはテントが張られ、多くの人が拝観を待ってられました。
画像


観音堂の内部は 入った途端目をみはるばかりで 上の拝観券の写真のように内陣須弥壇に本尊・千手観音菩薩を中心に三十三体の仏像が安置されています。少し大きくしてみます。(パンフレットより)
画像

頂いた記念品はこのような大きな絵葉書が。
画像

まず、お寺の方の説明があり、その後 この内陣を取り囲むように左右側壁、背面壁など ぐるりと 取り囲むように描かれた観音像、六道図、浄土図など、素晴らしい数々の障壁図を巡ります。

画像ちょっと見難いですがパンフレットにある絵の一部分を。

この日は大満足で観音堂を後にして、次に国宝の金堂に向かいました。

この階段の先に金堂があります。
画像

ところがこの階段の途中で、なんと思いがけない方とバッタリ出会いました。

我がブログにも時々コメントを下さる関東在住、同級生のUさん。
「エエ~ッ、OOちゃん?!」

「なんで京都へ~~? こんなところでびっくり!」

結局 友人とご一緒だったUさんと3人でお茶タイム兼おしゃべりタイム。

画像金堂は結局写真だけになったけど、久しぶりの素敵な出会いにルンルン。

これも観音様のお導きかなぁ~~

取りあえずこの日は写真だけになった美しい国宝・金堂です。又いつか再訪したいです。
画像

思いがけず、懐かしい友人に会えて、感謝の一日でした。







この記事へのコメント

おおなまず
2019年06月01日 09:14
仁和寺は以前参拝したことがあるので写真を見ても理解できますが「観音堂」の拝観は勿論していません。
それにしても素晴らしく、目を見張るものがあります。拝観期間が長いので「おおなまず」も是非訪れてみようと思います。
観音様のお導き・・。「おおなまず」はあると思ってます。
「おおなまず」は梅雨入り前のタマネギの収穫を終えました。早速カレーを作りました。今年は暑く、赤ちゃんの頭ほどの大きなものばかりに成長してました。
ぴあの
2019年06月01日 17:31
おおなまずさん、
私も仁和寺は数回訪れていますけど、観音堂は初めてでした。入った途端ハッと驚くほど、仏さまの姿に圧倒されました。
是非ぜひ機会がありましたら お勧めです。

やっぱり 観音様のお導きかしら?!
私が目を横に向けてたら、多分知らないままにすれ違っていたかもしれない状況でした。だからでしょうか 一瞬まさに目が点になりました。こんなこと初めて!
本当に嬉しい出会いでした。

最近は新玉ねぎがスーパーの店先をにぎわしています。
本当に水分をたっぷり含んだ大きな大きな玉ねぎ。毎日、酢玉ねぎとして美味しく頂いています。いいですね~採れたての玉ねぎ!
usako
2019年06月05日 10:59
金堂一緒に行けばよかったと、あの日仁和寺観音堂のみでした。新幹線で東京~京都駅~花園駅そして法金剛院拝観し、歩いて仁和寺へそして待つほどなく観音堂を拝観。『ちょっと休憩、お茶しようか』と話してところで、まさか 振り向いた人があなたとは、いい出会いでした。同姓の友人も一緒にお茶できて楽しかったと喜んでいました。今度念願の大文字山宜しくお願いします。
ぴあの
2019年06月05日 16:12
usakoさん、
ホント、あの時はビックリでした。まさか京都に来てられたなんて・・・・。
観音様のお導きだったのでしょうね~~
昨夜、たまたま那須のKちゃんからメールあり、あなたから京都で私と出会ったこと
聞いたと言ってられました。
久しぶりのお喋りタイム、楽しかったです。
私と同姓の御友人にもよろしくお伝えくださいね。
次回は一緒に大文字山登りましょう~ いつでもご案内しますよ!

この記事へのトラックバック