令和のお伊勢初参り(2)

外宮の拝観を終え向かったのが内宮。正式には皇大神宮(こうたいじんぐう)と言うそうです。

実は丁度8年前に 内宮のみバスツアーで出かけていることに気が付きました。こちら
年齢をとると 昔の事はよく覚えているといいますけど、確か行ったけど いつだったかな・・?
って感じで、我が記憶の中からはほとんど消えてしまってる感じです。

でも不思議なことに撮っている写真はほとんどが同じようなもの。何年たっても関心が向くのは同じところなんだなあと 改めて思いました。

今更私が説明をすることもないほど、超有名な伊勢神宮内宮。でもまあ このように書かれているってことだけは 写真を載せておきましょう。
画像

で、早速 五十鈴川の上にかかる宇治橋を渡りました。
この日は雨に濡れていて 橋の上はツルツル。でも五十鈴川はあくまで清らか!
画像
画像


画像神苑に進むと 前回も感動しましたが 美しく手入れされた松が目に飛び込んできます。
本当にきれい!

そして目を引いたのが「伊勢撫子」
愛好家のみなさんの作品でしょうか!
繊細な花びらがとってもきれい。
画像

ちょっと拡大してみます。
画像
画像

今回は時間的に制限もあったので、まず五十鈴川御手洗場に。
前回は台風で増水してた為 こちらには来れませんでした。
画像
画像


そして正宮です。こちらも外宮と同じく鳥居の先は撮影不可。とっても厳かな気持ちになります。
画像


画像この後、神明造の御稲御倉(みしねのみくら)→を経て荒祭宮(あらまつりのみや)に向かいました。

こちらが荒祭宮。
天照大神の荒御魂を祀る別宮で、荒御魂とは神の特別な働きをする状態、または神が現れた状態と言われているそうです。(パンフレットより)
画像


外宮と同じように内宮も頂いた案内図を添付します。
赤色で■に囲んだところを載せています。(拡大可)
画像


今回は 懸賞旅行が当たったから一人で行ったので ゆっくり内宮を見て回っているうちに時間が経ってしまい、おかげ横丁(こちら)を散策することができませんでした。

そしてこの後、まっすぐ京都へ帰るのではなく、信楽陶苑「たぬき村」に立ち寄りお買い物タイム。
画像
画像

ここで面白いもの見つけました。あの狸の編み笠をかぶって徳利と通帳を持った姿にかけて、あの姿にこんな由来があるなんて・・・・・。
画像
画像


で、この後はジュエリーメーカー見学兼お買い物タイム。かなり長い時間磁気ネックレスの説明講義があり、高価なもので数百万円とか・・・・。


余談ですが、
私は勿論 手が出ませんでしたけど 「タダほど高いものは無い」を この年齢になって勉強しました。
ご招待旅行でルンルンで参加しましたが 「見たら欲しくなる」を思い知らされた感じのバスツアーでした。







この記事へのコメント

おおなまず
2019年06月13日 00:10
お伊勢さんは年に2~3度はお参りします。結構、余り知られていないパワースポットや隠れた場所が知ることができます。お参りした後は昼食をとるのですが「おおなまず」はやはり伊勢うどんを食します。あのもっちりした柔らかい感触が大好きです。それにしてもお伊勢さんを的にしたバスツアーには驚きです。こちらでもよく似た抽選会なるものははありますが・・。
信楽のタヌキはまあ許せても、磁気ネックレスは怖いですね。最終目的はネックレスだったのではないのでしょうか。お伊勢参りは「赤福餅」で十分ですよ。

仁和寺行ってきましたよ。駐車場所に苦労しましたが素晴らしい感銘を受けた展示でした。
ぴあの
2019年06月13日 17:11
おおなまずさん、
お伊勢さん、度々行かれているのですね。確かに素晴らしいところで、日本にこんな素敵なところがあるということを自慢したいくらいです。そして行くならしっかり下調べをしていけばもっと見方が変わったのに・・・と思うと少し残念です。

伊勢うどん お好きですか?!  私は麺類は大好きですが どうもいまいちすっと身体が受け付けてくれません。京都のうどんにすっかり舌が馴染んでいるからでしょうか。嫌いじゃないのですが・・・。

磁気ネックレス 5年払いの分割でと言われても、この年齢 最後まで払い終えることができるか自信がありません。イチロー選手がされてるのは3百万円を超すとか・・。ため息ばかりのお買い物タイムでした。

仁和寺 行かれましたか?!
おすすめした甲斐がありました。良かった良かったです。!

この記事へのトラックバック