梅を見に梅宮大社へ

今年の暖冬のお蔭で、梅の開花が早まり 京都でも城南宮や北野天満宮の梅が美しく咲きそろったとニュースで報じられていました。

IMG_4140(1).JPG昨今のコロナウイルスのニュースで 出来るだけ人の集まらないところへとの事で、どこに行こうかな?…と考えた挙句 ここなら少しは空いているかもと思い出かけたのが梅宮大社です。

私の感は当たってた?  思ったより人影は見えませんでした。
ラッキーと思っていましたが中に入ってちょっとガックリ。

ほとんどの梅は満開を過ぎていました。
どうりで人が少ないはず

こちらが本殿。 本殿の横には大きな梅の木がまだ少し花を付けていました。
IMG_4173.JPGIMG_4174.JPG







お詣りした後、早速神苑に入ってきました。
IMG_4142.JPG

池を配置した池泉式庭園です。やっぱり綺麗!
IMG_4146.JPG

もうほとんど時期は過ぎていましたが梅の花を楽しんできました。
IMG_4172.JPG


IMG_4176.JPGふと、思い出したのが甥の事。彼ら夫婦はこちらの「またげ石」で子供を授かった?

帰宅して、久しぶりにメールしたら「懐かしい 二人とも梅宮っ子」と返信が。
もう遠い昔の事!


こちらがその「またげ石」の立札。(拡大可)
本殿の横に鎮座する神秘的な石で、またぐと子宝に恵まれるといわれています。

残念ながら「またげ石」へは、当人の夫婦が一緒に子授けの祈祷を受けないと、案内してもらえないとの事。

IMG_4194 (編集済み).JPGそして今回 私は記念に純金箔入りの御神酒を購入してきました。

亡き父や兄はお酒が好きだったので、お仏壇にお供えしようと思って。
ちなみに 180ml 350円 京都の宝酒造のお酒です。


おさがりは私がいただこうかな?!



それにしてもコロナウイルスの終息宣言が待たれます。




この記事へのコメント