身に覚えある?・・思わず笑ってしまいました

約一か月ご無沙汰してしまいました。
その間、私なりにいろんなことがありましたが それはそれ、また頑張って私の覚書の一つとしてブログを綴っていきたいと思っています。

新型コロナウイルスの自粛生活もやっと解除され、それでも、元の生活のようにはいかない新しい生活様式なるものを強いられる?時代になりました。
今まで何気なく普通(私にとって)に過ごしてきた日々が そうでなくなってきたようでとっても寂しい限りです。
でも そんなこと考えてても仕方ないこと、今の状況が普通になることを受け入れなければ・・・と思っていた矢先、友人からのメールで思わず笑ってしまいました。

これは私の年齢だからこそ、笑えるのであって、もし81歳以上だったら・・・・涙が出てくるかも。

もうご存知の方が多々あると思いますが、今回記事にする前にネットで調べてみたら テレビ番組「笑点」で話題になっていたとか。
知らぬは私だけ?!

ではその18才と81才の違い  
 ●恋に溺れるのが18才、風呂でおぼれるのが81才。
 ●道路を爆走するのが18才、逆走するのが81才。
 ●心がもろいのが18才、骨がもろいのが81才。
 ●ドキドキが止まらないのが18才、動悸が止まらないのが81才。
 ●恋で胸詰まらせる18才、餅で喉を詰まらせる81才。
 ●偏差値が気になる18才、血圧・血糖値が気になる81才。
 ●まだ何も知らない18才、もう何も覚えていない81才。
 ●自分探しをしている18才、皆が自分を探している81才。  等々

深刻なコロナのニュースばかりの日々、ひと時 思いっきり笑い転げました。

早く、友人たちとお喋りして笑える日々を待っています。

いつになるのかなぁ~~

IMG_5173(1).JPG一か月前 まだ蕾だった粋場の都忘れが この間行ったら満開。

IMG_5177(1).JPG
そして手入れしなかったお庭は草ぼうぼうでした。
長いようでアッと言う間の一か月。草の生育は待ったなしです!




この記事へのコメント

人生ゆっくり
2020年06月08日 17:03
笑点はタマにみていますが、この回はみていませんでした。
「18」「81」・・、面白いですね。81へには毎年一年ずつ近づいていますが、こういうのに笑える余裕があれば、多分、もう少しは大丈夫だと思っています。
ぴあの
2020年06月08日 22:15
人生ゆっくりさん
「18」「81」・・・18歳の頃の青春真っ盛りの頃が懐かしく、今思えばあんなことで胸がドキドキしたのかなぁ~なんて純情そのものだった頃が思い出されます。
恋で胸詰まらせたり、自分探しをしたり・・・無理だとわかっていても気持ちだけでもあの頃に戻れたら。

本当に81才になれば笑っておれませんねえ~
まだ少し余裕があるからこそですが、年月の経つ速さに驚かされる昨今です。