テーマ:奈良

§花ひらく仏教美術§ 白鳳展に行ってきました

7月18日~9月23日まで奈良国立博物館で開かれている§花ひらく仏教美術§ 白鳳展に行ってきました。 チケットをゲットしたものの7,8月と何とも言えない猛暑に、いつになったら涼しくなるのかな?・・・なんて思っていましたが 9月に入りやっと涼しさを感じることが出来、先日少し小雨が降りはしましたけど 出かけてきました。 学校も始…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

若草山焼き 続き

昨日の続きです。 野上神社での神事の後 松明をもって親火に点火される場所に移動です。 どこに行くかというと 山の中腹に作られた神域?がありました。 明るいうちに撮ったのがこれです。 よく来られてる方はご存知なのですね ここで火をつけるということを。 もうすでに三脚が立てられ 座って時間待ちの人が居られます。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

若草山焼き その前に

一度見たかった奈良 若草山焼きを見に行ってきました。 古都奈良に早春を告げる伝統行事“若草山焼き”は、 毎年1月第4土曜日 に実施されます。 京都の大文字送り火と同じ様に 若草山焼きにも意味があるのを始めて知りました。 行事案内によると 「春日大社・興福寺等の神仏が習合し、先人鎮魂と 慰霊さらには奈良全体防火 世界の人々…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山の辺の道 散策 「長岳寺」

今回の山の辺の道 最後の目的地は「長岳寺」です。 今回の目的の一つである大神神社とともに是非行きたかったお寺でした。 「長岳寺」は天長元年(824)淳和天皇の勅願により弘法大師が大和神社の神宮寺として創建された古刹であり、盛時には塔頭48ヶ坊、衆徒300余名をかぞえた。以来、幾多の栄枯盛衰を重ねながらも、1170有余年間…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

山の辺の道 散策 続き

前日の続きです。 桧原神社のあと、景行天皇陵を目指しました。本当に穏やかなのんびりした道が続きます。 歩いていてもとっても気持よいです。 畑の中の小道を歩いていくと こんな案内書きが目に留まりました。まあ20mくらいだから行ってみようということでちょっと寄り道。 さすが奈良です。20m先にこんな説明書きが立っていまし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山の辺の道 散策

大神神社をおまいりして 山の辺の道に向いました。 もう、何十年も前、二十歳代に一度歩いたのですが 記憶はほとんど残っていません。初めてといっていいでしょう。 大神神社のすぐ近くにあるのが狭井神社。とっても立派な神社です。 三輪の神様の荒魂(あらみたま)を祀る神社だそうで、病気平癒の神様。 この神社の狭井とは神聖な井戸・泉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巳年なので大神神社に行ってきました 続き

ようやく大神神社二の鳥居をくぐりました。 先には鬱蒼とした樹木の中、参道が続きます。 やっぱり何となく厳かな気持になります。 先日大神神社のテレビを見ていたら参道の真ん中が少し盛り上がっていて、神様がお通りになるとか説明されてましたけど、少しも気がつきませんでした。 夫婦岩には卵とお酒のお供えが。蛇の好物なのです…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

巳年なので大神神社に行ってきました

どうして大神神社と蛇が関係あるのかなぁ~ 素朴な疑問を調べてみました。 『日本書紀』崇神天皇紀10年に、ご祭神の大物主神の妻となった倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそびめのみこと)が、夜にしか現れない夫神にその姿を見たいと願ったところ、大神は姫の櫛笥の中に美しい小蛇の姿となって現れたと記されています。 どうでもいい事ですけど「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

斑鳩の春 法起寺

この法起寺までの道もとっても素敵です。 前に行った春の四国の御遍路道と同じようです。 まさに斑鳩の春。 法輪寺から少し歩くと はるか前方に国宝の三重塔が見えてきます。 それもさりげなく。でも十分な存在感で。 ビニールハウスが邪魔だけど まあ仕方ないか! 本当に小さなお寺ですけど この三重塔はこんな田舎に…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

斑鳩の春 法輪寺

今回の斑鳩の春にこだわったもう一つの訳は 法隆寺から春の斑鳩路を歩きながら法輪寺と法起寺に行くことでした。 以前訪れたときから 法輪寺も法起寺も 素朴な中にとっても奈良らしい感じを受けました。 街中でなく 長閑な田舎道の中に突然国宝級の塔が現れるのです。 かすかに記憶にある道を法隆寺の先に見つけながら歩きました。 こんな野菜…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

斑鳩の春 中宮寺

法隆寺夢殿のすぐ東側にある中宮寺。 春に行ってこそ、この中宮寺本堂の周りに植えられた黄金色の八重山吹にかこまれた本堂に出会えるのです。 塀越しに見えるピンクの桜と黄色の山吹が 私のイメージした春の斑鳩そのままの姿で迎えてくれました。 ああ、この時期に来てよかった~  そんな思いで本堂に向いました。        後方…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

斑鳩の春 法隆寺(2)

法隆寺の百済観音像はなんて美しいのでしょう~  (写真はパンフレットより) あのスラリとした姿、細身の女性とも見まがう優しさを込めたまなざし(女性じゃないのかしら?) 今から1400年も昔の飛鳥時代に造られた 一木造りの像。 中学生の喧騒も忘れて見入ってしまいました。 飛鳥時代に造られたということは 当時すでにこのよう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

斑鳩の春 法隆寺

春の斑鳩を訪ねるのは ずっと前からの願いでした。 この日は 雨の予報にもかかわらず 起床すると薄日が漏れていたので急遽 出かけることにしました。 相変わらず、朝はゆっくり過ごしていたので、法隆寺に着いたのは午後一時前。 この日は長野県から4台のバスで来たという修学旅行の中学生と一緒、賑やかな拝観となりました。 法隆寺は1…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

新薬師寺界隈にて

この間 新薬師寺に行った帰り、あのお寺の変わりようにブツブツいいながら東門前を通り過ぎると 何回か通っているのに今まで気がつかなかったお寺があるのを見つけました。 へぇ~ こんな所に”えんきり”のお寺がある! 京都にも縁切りで有名な安井金比羅宮があるけど・・と思いながら 訪ねて見ました。よく見ると「不空院」と書かれてあります。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

人が変わればお寺も変わる?!

新薬師寺の境内の変化に驚いた私は、帰宅後やっぱり何か違う・・・・と思い 前回だったか前々回だったかはっきりしませんが手許にある「栞」(拝観時に頂きます)を出してみました。 こちらが2008・11・17のもの                   この間2012・2・21に行ったときの栞 迫力あるバザラ大将の白黒の写真です。    …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

奈良デビュー 新薬師寺は萩の寺だった筈・・・・

奈良デビューの続きです。 春日大社のあと、時間的な都合で、急遽新薬師寺に行くことにしました。 春日神社の境内を南に進むと うわ~又あった!! もう、お終いにしようと思っていた「辰年」関係の神社。 でもね、せっかく道中にあるのですもの行かないわけには参りません。 それにしても、なんと賑やかな! 御祭神は金龍大…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

奈良デビューはどこからがいいのかな?(2)

奈良デビューの続きです。 せっかくですもの これも紹介したいわ! って思って行ったのが日本三名鐘の一つ 国宝の奈良時代の梵鐘です。 勿論 鎌倉時代の鐘楼も国宝です。 ただ、こちらの鐘楼はいつも余り多くの人を見かけません。皆さん二月堂や三月堂に目がいくのかしら?! 本当に大きくて立派なのに。  梵鐘は人と比べると大きさわか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

奈良デビューはどこからがいいのかな?(1)

せっかく京都で4年間も大学生活を送ったからには、奈良に足を伸ばさなくては勿体無い・・・・ということで人生初めての奈良デビューのお相手をしてきました。 まあ、 北海道出身じゃ人生初の奈良行きも特に珍しいことじゃないとは思いますが。 出かけた時間が遅かったのか 奈良に着いたのは10時半。(私にしたらこれでも早いつもりだったけど{…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東大寺「四月堂」(三昧堂)

東大寺の二月堂、法華堂(三月堂)は東大寺に行くと必ずと言っていいほど立ち寄るのですが、ここ四月堂は今回初めて拝観しました。 というのは一緒に行った大学生が「二月堂があり三月堂があるのなら四月堂は無いのですかね!」 で、ふと辺りを見回すと四月堂の文字が目に飛び込んできました。「あった~!」  ちょっと拡大しましょう。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東大寺お水取りの「試みの湯」

全く何の予備知識も無いまま 一年にこの日だけ行なわれるという東大寺のお水取りの「試みの湯」の行事を見ることが出来ました。 昨日、友人の息子さんの奈良デビュー?のお手伝いで奈良を案内してきた折のこと。 度々行ってはいるものの、この時期の二月堂は初めてでした。 もう、すでにお水取りの行事が着々とすすめられているのですね~ …
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

ぶらり奈良の紅葉を求めて(3) 「正暦寺」

奈良バスツアー三ヶ所目は 「正暦寺」です。 ここは入り口から本堂まで、まるでもみじのトンネルのようになる景色は圧巻です・・・とツアーの案内書に書かれてあったのですが、この参道の紅葉は見事ハズレました。 今年の紅葉の色がはかばかしくないのは9月に 奈良を襲った台風によるのかもしれません。 でも この「正暦寺」はとても地味です…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ぶらり奈良の紅葉を求めて(2) 「長谷寺」

今回のバスツアー 次に回ったのは もみじ祭りが行なわれている「長谷寺」です。 ここはもう西国三十三ヶ寺でお参りしたのを初め、有名な牡丹の頃にもきましたので 数回来ています。 ところがここではフリータイムが2時間。談山神社の1時間のフリータイムと代わって欲しかったくらいでした。 ここも多くの人で賑わっていました。 肝心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶらり奈良の紅葉を求めて(1) 「談山神社」

紅葉の名所と言われている奈良の「談山神社」に行ってきました。 でも、私にとっての「談山神社」は なんといっても大化改新の元になった中大兄皇子と藤原鎌足が この多武峰で極秘の談合をされたという史実の場所を確認したい・・・。と言う事です。 今回は京都からのアクセスの関係で手っ取り早くバスツアーに参加しました。 このバスツアー …
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

海龍王寺拝観

正倉院展のあと、法華寺に行きました。法華寺に来たからには すぐ近くにある海龍王寺に行かなきゃ損!なんて感じで一昨年行ったのですが今回もまた行ってきました。 一昨年の記事はここをどうぞ。 ところが2年振りなのに 一昨年とほぼ状況は変わっていません。 いまにも崩れてしまいそうなそのたたずまい。 上の写真を見るとそのひどさ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第63回正倉院展に行ってきました

今年も又、正倉院展に行ってきました。 奈良はこの春以来久しぶりですが いつ行っても大好きなところです。 何よりも近鉄奈良駅から 興福寺を右手に見ながら歩く あの道が大好き。 鹿が草を食み、樹木にかこまれた公園をゆっくり歩けるロケーションは 交通の便のよさもあってとっても素敵です。 ああ、奈良にきたなぁ~ ってなんか嬉しく…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

奈良の春 続き

昨日の続きです。 戒壇堂あたりをうろつき又 大仏殿前に戻ってきました。 多勢の人なのに、私の好きなところには人がいない。 多分にあまのじゃくの私。 こんな景色も大好き。古都奈良って感じがしません? 西方向から見る大仏殿。私は随分下にいる感じです。 鏡池から若草山が見えます。 大仏殿を後に春日野園地に向かい…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

奈良の春

   あおによし 奈良の都は 咲く花の 薫うがごとく 今盛りなり. 一昨年 子供連れで奈良の春を楽しみましたけど 今日は私ひとり。 やっぱり 子供たちと一緒のときは 子供サービスだから 私のわがままを通すわけには行きません。 この日は、偶然出会った女性と東大寺本坊での展覧会の後 奈良の春を堪能しました。 まさに、「咲く花…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東大寺 本坊襖絵等一般公開/天皇殿・持仏堂特別拝観

いつか春爛漫の奈良に行きたい~ と思っていましたが、やっと昨日実現しました。 ところが しょっぱなからハプニングが起こりました。 近鉄車内での出来事。 向いに座ってられた女性のキャリーバッグが 彼女の手が離れた隙に 私の方にころころ転がってきました。「おっとっと」とバッグを止め 彼女にお渡ししました。 ところが 奈良に着い…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

金峯山寺 金剛蔵王権現像 百日特別御開帳

栃木県からやってきた友人と京都在住の友人を案内して出かけた吉野山。 私の今回の目的は平城遷都1300年を記念しての 金峯山寺の金剛蔵王権現像の百日特別御開帳でした。 9月1日から12月9日までの百日間のご開帳は どうしても行きたかったもの。 友人の「行き先はお任せするよ~」との言葉で 一緒に出かけましたけど その素晴らしさに友…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)

過日 友人と訪れた吉野山、 奥千本の西行庵から徒歩で上千本に戻ってきました。 奥千本まではバスで行き、バスの中で このバス道を歩くのは かなり時間がかかるのかな・・・と思っていましたがバス道と 歩く道が違っていたので一安心。バス道はかなり迂回しているのです。 いわば正三角形の底辺が歩く道だとすると バス道は後の2辺分くらいあるよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more