テーマ:ウオーキング

春の嵯峨野散歩

あまり良い天気なので、家にいるのはもったいないと思い、嵯峨野を歩いてきました。 私のいつもの散歩コースは59号の市バスに乗り バス停「山越」下車。 そこからウオーキングです。 真っ青な青空、少し暑いくらいの陽気で気持ちはルンルン。 少し歩くと右手には広沢池。 風もなく美しい池面。                 桜…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久しぶりの大文字山歩き

一昨年の秋、私の不注意で背骨の圧迫骨折をしたり、魚釣りに興味を持ち出したりして、最近はまったく登っていなかった大文字山、先日久しぶり山歩きを楽しんできました。 楽しんでって言っても本当は ヒヤヒヤドキドキの山歩きでした。 今回は比叡平の住宅地を抜け、薬草園、雨社を経て大文字山の三角点、そこから火床に降り、銀閣寺横に出てくると…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

秋晴れの嵯峨野散策

久しぶりに爽やかな秋晴れに恵まれた一日、嵯峨野を歩いてきました。 私のいつものコース、広沢池から釈迦堂を経て嵐山へ。 まず目に飛び込んできたのが広沢池のキバナコスモス。 かわいかったのですぐそばに寄りました。 すると、小さな蝶がヒラヒラ飛んでくる。 思わず手を差し伸べると、なんと私の指に。 何年振り?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑とつつじが美しい嵐山

久しぶりに嵐山に行きました。 混雑しているだろうな・・・・と思いつつ ご無沙汰しているお馴染みの喫茶店にご挨拶も兼ねて。 案の定 嵐山は、観光客いでいっぱいでした。 こちら←は 京福電車の嵐山駅の前。 そして大堰川は舟遊びを楽しむボートが一杯。 天龍寺の前では見事に咲いたつつ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

久しぶりの大文字山歩き

過日 久しぶりに大文字山を歩きました。 いつも、と言ってもだいぶ以前は 週に一度は登っていて、登る時間が同じ頃だったせいか顔なじみの方々ともお知り合いになったりしていたのですが、何となく忙しい日々となって最近では とんとご無沙汰の日々でした。 その上、昨年11月の背骨の圧迫骨折などがあり、何となく不安の山歩き。 でも歩…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

嵯峨野ウオークから嵐山の喫茶店へ

私が一人で行く喫茶店は前回ご紹介した「さろん純平」さんと 今回ご紹介する嵐山にある「カフェ タカハシ」さん。 「さろん純平」さんは大文字山登山の帰りにコーヒーを飲みに立ち寄る所、そして「カフェ タカハシ」さんは嵯峨野や嵐山散策の折に、どちらも一人でも気軽に立ち寄れる喫茶店として もう十年くらいの常連?みたいなもの。 で、前回…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

京都の秋 2017 (1)

やっぱりブログも時期が大切ですよね~ わかっていながら、ついつい忙しさにかまけて、それも何を先に書けばいいかなんて考えてるうちにどんどん日が過ぎてしまって・・・・。 少し遅ればせながら、京都の観光地じゃないところを歩いた秋の様子をアップしてみました。 まずは11月1日。 お墓参りに行った帰りに立ち寄った宝ヶ池。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

新緑の南禅寺界隈散歩

金地院のあと 久しぶりに南禅寺界隈を歩きました。 もうだいぶ時期が過ぎていますが6月12日の事です。 南禅寺の中門を抜け有名な水路閣に向かいました。 京都を舞台にしたテレビドラマに良く登場しますけど 本当にお寺と水路閣 ミスマッチでもありますがしっくり南禅寺に溶け込んだ素敵な場所です。 新緑と歳月を経たレンガ造りのコラボ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

早春の嵯峨野散策

もうかれこれ2週間ほど前の事です。 好天に心ウキウキ嵯峨野散策に出かけました。 嵯峨野をうろつく私のルートは 山越えから広沢池、大覚寺、釈迦堂、二尊院の前を通って落柿舎、野々宮神社、天龍寺とゆっくり一時間ほどかけて歩きます。 今までも何度もブログに書いてますから同じような記事ばかりになりますけど、まあ、それはそれ 同じ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初山登りは大文字山

1月5日 久しぶりに大文字山に登ってきました。 自分の年齢を考え、その上ずいぶん長い事ご無沙汰してる山登りなので、ちゃんと登れるかな?・・・と心配もありましたが、 どうにも大変だったら即下山しようと決め 出かけました。 思いの他 足は軽やか。 最初のねむの木橋(もうねむの木は無くなってますけど)迄は平坦な道なのに 山歩きから…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

晩秋の宝ヶ池ウオーク

先日お墓参りのあと、久しぶりに宝ヶ池を散策してきました。 いつ行っても、どの季節に行っても宝ヶ池は私の心を癒してくれる素敵なところです。 今回も晩秋の季節ぴったりの風景で私を迎えてくれました。 比叡山を背に静かなたたずまいの宝ヶ池。 池の周りの遊歩道を少し歩きました。 左手には池がありその向こうには国際会議場が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初秋の嵯峨野ウオーク

前日は31度あった京都市も、その翌日には空気がガラッと変わり まるであの暑さが嘘のような秋晴れの爽やかな一日、待ってましたとばかり 久しぶりに嵯峨野を歩いてきました。 とっても清々しい気候、天高く馬肥ゆるの言葉通り気持ち良いウオーキングでした。 今回は我がお決まりの広沢池から出発。 広沢池をバックにキバナコスモスが風に揺れ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

嵯峨野散策の楽しみ

嵯峨野を歩く楽しみの一つに無人販売があります。 地元で採れた野菜やお米、果物などが中が見えるロッカーのようなものに入れられて販売されてます。 書かれてるお金を入れると戸が開き、取り出すことが出来ます。 散策の途中だから重いものは持ちたくないので あまり負担にならないものを買うのも楽しいです。 先日の散策では柚子を買いまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新春の嵯峨野・嵐山散策

新春の嵯峨野、嵐山を歩きました。 とっても一月とは思えないような暖かい気持ち良い気候。 久しぶりに訪れた広沢池は 暮れの鯉揚げも終わって水がほとんどない状態です。 大覚寺では人影もまばら。 多宝塔の朱色が大沢池に映えてとってもきれい。 私ってアホの一つ覚えみたいで、金色の鯉を見つけるとすぐカメラを向けてしま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大文字山 初登山

今年のお正月は本当に良い天気に恵まれ、暖かな三が日でした。 こんな日には家にいるのは勿体ないとばかり 初山登りということで3日の日 大文字山に登ってきました。 以前 この大文字山には如意寺(大津市にある園城寺(三井寺)の別院)があったとブログに書きました。ここ その後、この如意寺の塔頭を探して何回か山に登っていくつかの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

秋色の大文字山歩き

11月の下旬 例年なら京都を取り囲む山々が秋色に染まります。 ところが今年は一向に秋を感じなかったのですが12月に入りやっと「私が望む秋色」に染まりました。 あんまり天気が良かったので12月8日 久しぶりの大文字山歩きをしてきました。 今回は我が粋場から歩いて大文字山山頂を経て、火床から銀閣寺の横に出るコースです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

洛北の秋 宝ヶ池

文化の日、お墓参りを兼ねて洛北に出かけました。 我が菩提寺の恋 じゃなかった金色の鯉は相変わらず私を文句を言いたそうな目で見返してきます。 「何か文句ある?」 鯉を相手に一言。 ま、仕方ないか! いつも餌をあげてないもんね。 我が菩提寺 妙満寺の紅葉もそろそろ色づき始めました。このところ少し暖かい日が続いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの船岡山

このところの晴天に誘われてわが家の近くにある船岡山に登りました。 ここの頂上には三等三角点が設置されています。 標高   111.89m  設置年 明治36年(1903年)となっています。 小学生の頃はよくここで遊びました。 この頂上には 大きな岩が顔を出しています。 この上に乗って遊んだ記憶が甦ってきました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初秋の宝ヶ池散策。

前回の「初秋の嵐山散策」に引き続いて今回は京都市の北に位置する宝ヶ池を散策してきました。 雨模様の日々が続いた後だからでしょうか 郊外学習の子供たちの姿を目にしました。 こちらは地下鉄の駅のすぐ近くの宝ヶ池公園。黄色い帽子の子供たちの一団です。 何をさがしているのかな? 皆 ビニール袋を手に何かを見つけようそうとしています。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初秋の嵐山散策

関東や東北での大雨の被害をテレビ、新聞で見聞きするにつけ、水の怖さを改めて実感する今日この頃です。 まるで3.11の大津波を思い起こさせるような思いでした。流される家々の屋根から救助を待つ人、間一髪救助直後に流れて行った家など、ハラハラ ドキドキ テレビを見ててどうぞ無事にと祈っていました。 以前ヘリコプターの救助訓練を実際…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

安土城跡に行ってきました(2) 摠見寺

安土城跡には安土城築城の際、信長公が自らの菩提寺にしたと伝えられる摠見寺があります。 しかし信長が本能寺の変で亡くなった後、 天主崩落の際は焼け残ったが そののち火災で本堂などはほとんど消失したそうです。 で、昭和に入って仮の本堂が徳川家康邸跡に建てられています。 最初 大手道を登っていくと大手道をはさんで秀吉の邸跡の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

安土城跡に行ってきました(1)

過日、滋賀県近江八幡にある安土城跡に行ってきました。 現在の安土城跡は信長が本能寺の変で自刃し、その混乱の中 一夜のうちに焼失落城し、今は石垣のみが残っています。 でも見事な石垣に当時の様子を想像しながら登ってきました。 出かけたのは4月の初め。桜が美しく咲いていました。 受付から続く大手道の階段がまっすぐ続きます。…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

久しぶりに童心に返ってラジコン船  嵐山にて。

毎日、あちこち出歩いてはいるものの 運動という面に置いては随分怠けていた感じがします。先日久しぶりに運動を頭に置いて嵐山方面に出かけてきました。 当てのない「歩き」です。 ところが嵐山について桂川沿いに亀山公園を目指したのですが・・・・やっぱり私に「運動」は無理なのかしら。 ふと渡月橋の少し上流辺りで可愛い船を見つけたので…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

春の日の午後の山歩き

緑が美しい季節になりました。 山を歩いていても新緑の青さが目に優しくて とっても気持ち良い山歩きが楽しめます。 ところが あちこちで言われているようにこちら池ノ谷地蔵尊近辺でも鹿の害が多いようです。 先日もこんな注意書きが目に留まりました。 早速ネットの下をくぐり元通りに直して先に進みました。 その矢先、ゴソゴソと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山吹の松尾大社から嵐山へ

今日の京都も初夏の陽気 そして晴れ渡った空を見ると 家にいるのがもったいないような気持になり 山吹が満開の松尾大社に行きました。 青葉の緑と赤い鳥居が美しい松尾大社です。 先に進むと満開の山吹が目に飛び込んできました。 とりあえずは本殿で手を合わせ、ふと横を見ると 今までこんなのあったかな?・・・・。 そういえばこの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久しぶりの嵯峨野ウオーク

今年の寒さと天候の不順さで嵯峨野歩きを随分ご無沙汰してました。 ずぼらしてると困った事が・・・・そう 我が体重は去年の今頃に比べてなんと随分増加してるではないですか。 数字を上げればいいのですが 歳は取ってもやっぱり私も女性ですもの、そこのところはちょっと控えることにしました。 嵯峨野ウオークの時はいつも広沢池迄バスで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「中尾城跡」 大文字山ウオーク

昨日の続きです。 中尾の滝を見た後 中尾城跡に向かいました。 中尾城とは 足利義晴が天文18年(1549年)10月18日に京都郊外の東山にある慈照寺(銀閣寺)の裏山に中尾城の建設を始め,翌天文19年(1550年)11月23日中尾城は三好軍に破却された。(ウイキペデイアより概略) やはり道中の緑がとても美しく目に飛び込…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「幻の滝」と「中尾の滝」 大文字山ウオーク

久しぶりに大文字山に登りました。 いつもの時間というか 職を離れて以来 何度も同じ時間帯に登っていたので、多くの顔見知りができてました。 ところが 年月の経過ってコワイです。まさしく実感。と言うのは久しぶりに登った昨日 その当時の仲間に会い、お聞きしたところ15人いた仲間が まったく元気なのは2人と知らされたのです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春の陽気に誘われてウオーキング

まさに三寒四温の言葉通り 暖かくなったと思えば急に寒くなったり なかなか本格的な春の陽気が感じられない中 昨日はまさにとっても気持ち良い春の日差しでした。 そんな中、冬の運動不足解消を兼ねて比叡平の池の谷薬草園迄ウオーキングを楽しんできました。 ずっと同じ調子で食事をしてると、運動をする、しないで肉付き(私にとっては良い響き…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

伏見を歩く

今回は高校の、それも京都散策同好会というテーマでの同窓会だったので 同じ年齢の男女(同窓会ですから当たり前ですけど)が連れだって新春の伏見の街をぞろぞろと歩いてきました。 伏見は度々ではないですが数回訪れたこともあり、特に、今回散策したところは以前にも数回 歩いているところなので新鮮味はなかったのですが 仲の良かった友人とおしゃべ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more