私のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 西本願寺花灯明  〜夜の参拝・特別拝観〜

<<   作成日時 : 2017/06/01 23:32   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像第25代専如門主 伝灯奉告法要協賛行事として行われている夜の参拝・特別拝観に行ってきました。

17時30分受付開始と聞いていたので、その10分ほど前に着いたのですがもう、長蛇の列。
公開開始時間は19時なので一体何時ごろ入場できるのかな?…不安がよぎります。

↓私が入場券をゲットした後で撮ったもの。まだまだ並んでられました。
画像


画像入場整理券と最初の写真のガイドブック、そのほかに記念品の栞をもらいました。
整理券の番号によってこのように入場順が決められています。結局私の入場時間は19時35分 2時間ほどの時間待ち。 まあ、仕方ないか めったに見れない文化財を見せていただくのですもの。
画像

こちらがいただいた記念品の栞の表裏です。
画像
画像


時間待ちの間、夕食をとり、それでも余った時間は龍谷大学の構内を散策して過ごしました。

やっと入場。
室内は撮影不可で見ていただけないのが本当に残念です。

それでは撮影可能なものだけアップしたいと思います。
こちらが唐門(国宝) 目をみはるばかりのすばらしさです。
画像
画像

唐門に続いて室内に入りますが残念ながら撮影不可。

203畳敷の大広間の対面所(国宝)。どの部屋もすべて、廊下に至るまで格天井には絵が描かれています。襖絵は狩野派、円山派など、雀の間、雁の間、菊の間、白書院、北能舞台、狭屋の間など国宝がずらりと並びます。

パンフレットから一部。こんな感じです。わかるかしら?
画像
画像


室内から外に出ると目の前には平成11年から10年の歳月をかけて平成の大修理が行われた御影堂がライトアップされて浮かび上がって見えます。すごくきれい!
画像

次に廻ったのが国宝 飛雲閣。金閣、銀閣と共に京都の三名閣と称されています。
暗闇の中ですので全体の姿は良く分からないのですが・・・・池に写る姿もきれいでした。
画像

こちらは鐘楼。 こんな立派に彫刻された鐘楼は多分初めて。「凄い」!
画像

そして堀川通に沿った塀の側には今回の花灯明が並んでいました。
画像
画像


画像


2時間待って並んだ甲斐がありました。

そして思った事。 親鸞聖人が今のこの素晴らしいお寺の姿を見てどのように感じられるのかな・・・・と。
本当に立派でした。

今回は無料でしたが、平成28年熊本地震災害義援金の協力をお願いします  との募金箱が受付に置かれていました。私もささやかな額ですが 協力させていただいてきました。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
西本願寺の唐門。以前父母の納骨の帰り、随伴のお坊さんの案内で見学しました。黒漆に金細工が細かくされていたような覚えがあります。
夜の特別拝観ですか、京都駅前の現代的な賑やかさから一転、静寂の世界に引き込まれた様な静寂さ・・・。
御影堂もライトアップされていたのでね。とても良い体験をされたのですね。羨ましい限りです。
「おおなまずは」日曜日は、彦根城築城410年祭のイベントの一つ、ブルーインパルスのアクロバト飛行を見に行きました。頭上をジエット戦闘機6機が轟音を轟かせな曲芸飛行を20分も見せてくれました。自衛隊がどうのこうのより素晴らしさに拍手しちゃいました。ぴあのさんとは正反対の体験でした。
おおなまず
2017/06/05 20:45
おおなまずさん、
実はこの前日は東本願寺に分骨されている亡き姉のお詣りに行ってきて、翌日は西本願寺と2日間で両本願寺をお詣りするというめったにないことをしてきました。
それにしても、両本願寺ともすごく立派。無粋なことですが どこにあれだけの素晴らしい建物等を建てる財があるのかしら・・・・なんて事を思いました。日本全国の信徒さん(門徒さん?)の信心の表れなのでしょうか。本当に圧倒されましたよ。

おおなまずさんはブルーインパルスのアクロバット飛行ですか?!
私も見てみたいです。
日曜日はとってもいい天気で真っ青な空でしたね。実は又 北小松に行き琵琶湖畔から美しい青空を見てひとり「いいな・・・このきれいな空!」なんて思いながら見上げていました。さぞかし青空の下 素晴らしいアクロバット飛行だったことでしょう。良い日曜日を過ごされましたね!
ぴあの
2017/06/05 23:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
西本願寺花灯明  〜夜の参拝・特別拝観〜 私のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる