子供たちのコンサート 「金曜カフェ」(4)

我が「粋場」の近くで毎週金曜日に開かれている「金曜カフェ」
画像
先日 そのカフェに可愛いお客さんがやってきました。

同じ地区にある小学校の6年生達29名です。
本当は30名だそうですけどサッカー留学で一人スペインに行ってるとのこと。なんとすごいです。

それに引き換え 我が京都の住いの小学校の6年生は10名足らずと聞いた記憶があります。修学旅行も家族旅行みたいだと。都会の真ん中は子供たちが減っていると改めて感じました。私たちの頃は100名を超えていたのに・・。

この日は「金曜カフェコンサート」ということで 日頃練習したリコーダーと歌によるコンサートです。

それにしても、この地区にこれだけ多くの子供たちがいるとは全く気が付きませんでした。

まあ、私が「粋場」に行くのは12時ごろから4時ごろなのでその時間帯、子供たちは勉強中。

で、そんな子供たちの演奏曲目はリコーダーによる「星の世界へ」。
これは 讃美歌「慈しみ深き」と同じもの。私は子供の頃「月なきみそらに~」と歌いましたが・・。
それから「ひこうきぐも」「ふるさと」です。
画像

画像
「ふるさと」は私たち観客も一緒に歌いました。

伴奏は電子オルガン。

「金曜カフェ」からは子供たちにクッキーのお礼です。
画像

先生から「さあ、お礼を言って」 突然マイクを渡された生徒は それでもとっても上手にお礼が言えました
画像

この後は クラスの人気者なのでしょう二人の生徒が出てきて 短いコントを見事やってのけました。

最近の子供たちって こういうことが本当に上手

あっという間でしたけど 本当に面白かったです。
画像


可愛い子供たちによる素敵なコンサートでした。



そして私の覚え書き。「金曜カフェ」の献立です。
2月28日 カレーライス                 3月7日 ちらし寿司 美味しかったです。
画像
画像

次回の献立は何かしら? 毎週 風通し半分、カフェ半分 楽しみに通っています。





この記事へのコメント

lavie
2014年03月12日 22:07
金曜カフェ、おそるべしですね。
ただの地域おばちゃんカフェではないのですね。
小学生がこうして慰問?に来るようなところ、ふれあいセンターみたいなところなのですね。
合併によって、母校が廃校になった校舎を地域の集会所のような形にして、そこで地域活動を行っているところがあります。マーチングバンドの披露が年2、3回あります。そのような場所なのかなあ。
まだまだ地域の力がある粋場なのですね。
ぴあの
2014年03月13日 16:16
lavieさん、
ここは、金曜日は「金曜カフェ」ということで食事なども出されてますけど、他の日はいろんな教室が開かれています。墨絵教室とか、パソコン教室、歌声サロン・・等々。住民のための交流センターです。
なかなか良いでしょ! 月1回映画の日もあります。
住民の方がボランテイアでいろいろ頑張ってられるようです。
そういう意味ではすごいパワーを感じます。
少しづつ お友達もできてきました。快く受け入れて下さるので有難いです。
なりひら
2014年03月16日 22:23
いい取り組みですね。京都の町家の人達は、こういう地域密着型のコミュニケーションを見事にやってのける知恵と実行力があるんですね。羨ましいかぎりです。
http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/
ぴあの
2014年03月17日 17:41
なりひらさん、
最近は子供たちが食配したりと、いろいろお年寄りとのコミュニケーションを計るような取り組みが多いように思います。
良い事ですよね!

この記事へのトラックバック